携帯電話やスマートフォンにも自由を! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

携帯電話やスマートフォンにも自由を!

ここでいう「自由」とはSIMフリーを意図しています。ご存知のように今の日本では、製造メーカーに関係なく、キャリアごとに携帯端末が分かれています。一方、海外では携帯端末と通信サービスを別々に選択できるようになっているのですが、この「自由」がもたらすメリットとは何でしょう。

今、iPhoneを欲しい!と思ったらソフトバンクと契約しなれけばなりません。これはドコモやauの既契約者からすれば大きな障害です。逆にGalaxy Sが欲しいと思えば、ドコモと契約しなくてはならず、こちらも大きな障害となるでしょう。

キャリアは通信サービスだけでは差別化が図り切れず、携帯端末とバンドルしたマーケティングを行っているのが現状です。この背景には法整備やインフラ整備も関係しています。

SIMフリーの携帯電話やスマートフォンであれば、好きな機種にいつでも買い換えられ、海外ではローミングサービスを利用しなくてもプリペイドSIMカードを購入することで割安の料金(現地通信会社の料金)で通信が可能になります。

この「SIMフリー」というキーワードは、最近でこそメディアでも取り上げられるようになりましたが、以前はほとんど触れられることもなく、今でも一部の消費者の耳にしか届いていません。

しかし、iPhoneのSIMフリーを皮切りに各種携帯端末でもSIMフリーが注目を集めるようになりました。日本でも来春以降、一部の新機種ではSIMフリー化が噂されていますので、今後、国内でも「自由」への動きが活発になるかもしれません。