iPad/iPhoneの買換時期はいつ頃? | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPad/iPhoneの買換時期はいつ頃?

筆者の周りには、多くのiPhoneユーザがいますが、意外にも初期の3Gが相当数を占めています。何故、「 4」に買い換えないのか質問したところ、その多くは「まだ使えるし、 4 では不具合の話しもよく耳にする。できればiPhone 5の時点で買い替えしたい」といった回答でした。iPadもそうですが、問題となるのはその買換時期です。

Appleは、この手の話しは直前まで一切公開しません。毎回、憶測が飛び交い、発売の1~2ヶ月前に確度の高い情報が出回ります。現時点で、 2は2011年2月~3月、iPhone 5は2011年半ばという話しが有力です。

参考情報

新しいiPadについては、既に2ヶ月前程度なのでほぼ間違いないでしょう。これからは具体的な仕様に関する情報が飛び交います。iPhoneについては、半年以上先のことなので、確かな情報は挙がっていませんが、NFC(近距離無線通信)やワンセグなどauのIS03を除いたスマートフォンには欠ける機能の実装が噂されています。

こういった話しがどれほどの消費者に届くかは疑問ですが、新規はもちろん、多くの買換需要は、2011年3月以降に集中してくるのではないかと考えます。

また、SIMフリーへの対応も気になるところです。上記のITmedia NEWSの記事では、「断念」とはありますが、iPhoneにSIMカードが内蔵され、キャリアを自由に選択でき、期間縛り(2年間)もなくなる可能性を示唆しています。

SIMフリーによりキャリアを選択するということは、端末と通信の分離を意味し、キャリアは純粋に通信におけるサービスを競い合うことになります。日本ではキャリア間でのインフラの違いや法的整備から単純にはいかないでしょうが、サービス向上の一環として、また、光の道構想の一端として、実現を望みます。

(Visited 232 times, 1 visits today)