iPhoneの評価 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhoneの評価

7月11日にソフトバンクより「 3G」が販売され1ヶ月以上が経過しましたが、販売当初の人気に比べ、若干勢いが落ちてきている気がします。東京表参道店では、iPhone専門店を設け、様々なアクセサリーを取り扱うなど、規模を拡大しているようですが、消費者の評価がどうなのか気になるところです。

インターネット上では、利用者から様々な書き込みが行われ、賛否両論といった感じですが、デザインや操作の素晴らしさが挙げられる一方、不満の声も挙がっています。その中で最も多い意見が「安定性」と「日本語入力機能」です。

前者は、パソコンのようにiPhoneが落ちるという現象から寄せられた意見です。メールを打っている最中、様々なアプリを操作している最中に突然、その画面が消え、iPhoneのメイン画面が表示されます。文字入力をしていると内容自体が消えてしまうので、利用者からするとかなりのストレスだと思います。

後者は、文字変換機能に乏しいことと時間がかかることです。これまでの携帯電話では、ある程度の長文を入力してから文字変換ができましたが、iPhoneでは単語ごとに変換しなければならず、長文を変換しようとすると平仮名またはカタカナしか表示されません。そして、日本語対応への遅れからか、文字を画面上に表示させるのに時間がかかります。遅い時ではキーを押してから数秒かかることもあるようです。

インターネットを見たり、音楽を聴くといったアクションに対しては評判がいいのですが、携帯電話として考えた場合、これらの問題は致命的と言えるかもしれません。アップルやソフトバンクでは、こういった課題をすでに認識していると思いますので、早急の対応を期待したいと思います。

現在のiPhoneは、携帯電話よりもパソコンに近い位置付けになってしまい、ウルトラモバイルなどの小型PCと競合しかねません。個人的にiPhoneは、現在の機能を維持・向上させつつ、スマートフォンとして携帯電話機能を追求してほしいと切願しています。

(Visited 18 times, 1 visits today)