国内スマートフォン市場もSIMフリーへ! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

国内スマートフォン市場もSIMフリーへ!

「何故、日本のスマートフォンはSIMロックなのか?」、そんな疑問を打ち消すニュースが発表されました。来年4月より日本でもSIMフリー端末が販売され、ドコモではSIMカード単体での契約が可能になるようです。一報でiPhoneについては、SIMフリー対応の予定はないとソフトバンクが発表しています。

多くの方は、契約時にSIMカードを目にしていますが、その役割についてはあまりよく認識していません。携帯電話の契約をする際は、機種に対して契約をしていると思い込んでいますが、実際に契約者情報を認識しているのはSIMカードです。試しにご自身の携帯電話のSIMカードと同一キャリア、au)の友人の携帯電話のSIMカードを入れ替えてみてください。通常、自分の携帯電話から自分の番号へは電話ができませんが、この場合、友人の携帯電話に着信があります。

つまり、SIMカードを入れ替えたことで、あなたの携帯は友人の番号になり、友人の携帯があなたの番号になっているのです。

現状、このようなSIMカードの入れ替えができるのは、同一キャリア間のみです。それが来年4月より一部のスマートフォンでは異なるキャリア間でも可能になり、このような状態を「SIMフリー」と呼びます。諸外国では既にSIMフリーが標準となっており、利用者は、機種とキャリアの組み合わせを自由に選ぶことができます。これによりキャリアは純粋に通信サービスの質を競争する事となり、サービスの向上が見込まれます。

これによる追い風を受けるのは、最も広範囲な通信網とインフラを持つNTTドコモでしょう。ソフトバンクがiPhoneをSIMフリーにしない理由のひとつには、このような背景があるはずです。しかし、iPhoneは他言語対応しているため、海外のSIMフリーモデルを国内に持ち込む利用者や販売する事業者も目立つようになりました。もちろんこれは合法です。

さらにこの流れを加速させるような市場調査結果が米国で発表されました。2010年8月のスマートフォン市場においてAndroid搭載機種の販売台数が、iPhoneのそれを上回ったとのことです。

ドコモやauからの新機種の発売もあり、今後のマーケティング次第では日本でも同様の現象が起きるかもしれません。

(Visited 233 times, 1 visits today)