Galaxyはドコモ復権のカギを握る! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Galaxyはドコモ復権のカギを握る!

Galaxy Tab

サムソン電子が製造・販売を手掛ける「」に注目が集まっています。Galaxyには、スマートフォンの「Galaxy S」とタブレット端末「Galaxy Tab」があり、日本では、NTTドコモがその販売窓口になると噂されています。そして、これがソフトバンクのiPhone/iPadとの覇権争いの口火となる可能性を秘めています。

ドコモからは既にXperiaが販売されていますが、発売当初の爆発的な人気も今は息を潜めています。Galaxyも同じグーグルのAndroidを搭載した機種ですが、世界的にはマーケティングの効果があってか、Xperia以上の話題を振りまいています。

「Galaxy S」は今秋にドコモより発売されることが決まっています。おそらく多くのアーリーアダプターが我先にレビューを発表するでしょう。驚いた事は筆者の知人で決してこの手の話題には明るくない人物が「Galaxy S」に興味を持ち、買い替えを考えていたことです。それだけスマートフォンが認知され、iPhone以外の選択肢が浸透しているということになります。

残念な事は、iTunesとiPhoneのようにAndroidとオフィシャルに同期するソフトウェアがないということです。メールやカレンダーはグーグルと同期するとして、音楽はPC/Macとの同期が欠かせません。また、アプリの数ではiPhoneに遠く及ばないでしょう。

しかし、それでもAndroidに可能性を感じるのはオープンソースであるという事とそこに寄与する人材が非常に優秀であるという事です。中長期的視野で見た場合、iPhoneとの勢力図が逆転することもあり得ます。さらにキャリアを考えた場合、ドコモの通信エリアは、ソフトバンクのそれを遥かに凌ぎます。端末の優劣と並び、ここがドコモの強みであり、復権のカギになるはずです。

一方で高度化したデジタルライフのニーズはスマートフォンだけでは満たせません。それを立証したのがiPadです。iPhoneは万能端末ですが、やはり携帯電話の域を大きく超えることないのです。電子書籍、議事録作成、ウェブブラウジング、やはりスマートフォンでは不便を感じてしまいます。

iPadの人気は既に周知の事実ですし、まだ手にしていない潜在ターゲットが多くいます。そのターゲットの嬉しい悩みの種となるのが「Galaxy Tab」です。iPhoneとGalaxy Sのような市場競争がiPadとGalaxy Tabにも見られるでしょう。Galaxy Tabもドコモより販売される噂がありますが、現時点では確定していません。

とはいえ、日本国内でのGalaxyの知名度は充分と言えるレベルに達していません。前述した市場競争図を描くにはまだまだマーケティングが不足しています。サムソン電子とNTTドコモがメーカーとキャリアという垣根を越え、Apple以上の戦略を打ち出さなければ、現実としてiPhone/iPadを凌ぐことはないでしょう。

(Visited 44 times, 1 visits today)