電子書籍普及によるマーケットへの影響 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

電子書籍普及によるマーケットへの影響

, , その他幾つかの電子書籍端末が出回る中、電子書籍そのものが爆発的な人気に至らないのは、コンテンツの充実不足に原因があります。品揃えがない以上、消費者は書店に足を向けざるを得ません。しかし、その流れが徐々に変化しつつあります。

先日、NTTドコモと大日本印刷が電子書籍事業で提携を行い、年内のサービス開始を発表しました。これにより携帯主要キャリア3社が電子書籍事業に乗り出すこととなり、モバイルユーザに大きな間口が開かれることになります。あとはいかに書店と変わらない品揃えが提供できるかがポイントになります。

そして、コンテンツ提供者として最も大きな影響力を持つであろうアマゾンの動きが気になります。現在は英語圏の書籍を中心としているため、日本でのサービス展開は実質的に行われていない状態ですが、新しいKindleでは日本語対応の噂が囁かれていますし、近い将来、amazon.co.jpにて電子書籍販売が行われる可能性も十分にあります。

米書店チェーン最大手バーンズ・アンド・ノーブルは、電子書籍の台頭により業績・株価を落とし、事業売却も視野に入れるほど追い込まれています。これと同じことが日本でも十分に起こり得るのです。

そうなれば、影響を受けるのは書店だけではありません。印刷業界、物流業界、さらには本棚やラックを販売する家具メーカーにも大きな打撃があるでしょう。電子書籍は業界横断的に市場構造を変える力を持っています。

もちろん電子書籍ではなく、従来の紙に趣を感じ、書店に通う消費者も多いでしょう。しかし、それでも無視できないほどの大きな牌が電子書籍に流れることも間違いありません。

今後、市場構造の変化に伴い、新たな出版形態や会社が台頭することも想定されます。

(Visited 436 times, 1 visits today)