iPadの販売が近付き、Kindleの動向は? | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPadの販売が近付き、Kindleの動向は?

iPadが米国で販売初日に約30万台を売り上げ、日本でも今月末発売予定とされる中、消費者からは大きな期待の声が聞かれます。iPadにはiBookという電子書籍アプリがあり、こちらも注目を集めています。そんな中、先行して販売されたアマゾンの「」はどういった行動を取るのか注目されます。

自費出版をサポートする「Amazon DTP」では、想隆社が日本語書籍の販売を手掛け、1000作品のリリースを目指しているようです。その他にも日本語での漫画書籍はいくつか存在し、その数は少ないですが、着実に増えています。今後、アマゾンでの日本語書籍のキーは「Amazon DTP」にどれだけの日本の出版社が参画するかになるでしょう。

また、KindleではPDFにも対応しているので、電子書籍販売事業者がどういったファイルフォーマット規格を採用するかで市場の流れは大きく変わります。

一方、iBookはePubという規格を採用しており、こちらはオープンな技術であるため、既存の書籍データを比較的簡単に変換することが出来ます。既にソニーから販売されている電子書籍端末もこのePubを採用しており、「Kindle VS その他」といった競争市場になるのではないかと予想されます。

ただし、Kindleは英語環境が中心であり、入手経路がAmazon.comからの直販となるため、消費者の認知度が低く、逆にiPadは電子書籍以外にもマルチデバイスとして認識されており、ネット販売はもちろん、アップルストアや家電量販店での販売もあるので、普及速度に大きな違いがあると思います。

アマゾンが本気で米国外での電子書籍市場を取ろうと考えているのであれば、マーケティングが生命線となります。このまま何も手を打たなければ日本における電子書籍市場はアップルが握ることになるでしょう。

電子書籍端末としてKindleは素晴らしい機能やデザインを持っています。個人的にはアマゾン社に普及活動に努めていただきたいのですが、現時点で「Amazon DTP」以外の大きな動きは見られていません。