ブログにおすすめのレンタルサーバを知る

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバ比較! 見逃せない違いとは?

こちらはエックスサーバーさくらのレンタルサーバを比較したい人向けの記事です。

 

記事監修者:オザック

エンジニア歴8年以上、エンジニアとして副業し年に300万程度稼ぐ。

また副業ブログを始めて半年で5桁の収益を達成(1年半ほどで6桁達成)。

記事作成ペースは速くないものの半年という短い期間で5桁の収益を達成するノウハウをTwitterで発信しています

 

レンタルサーバー契約を検討中し、エックスサーバーさくらのレンタルサーバの2つに絞り込んでみたものの、最終的なジャッジは迷っている方へ。

 

個人的な印象も含みますが、

  • エックスサーバーは知名度抜群でガンガン利用者を増やしているイメージ
  • さくらのレンタルサーバは古くからあり安くて安定感のあるイメージ

がありませんか?

 

両者有名すぎる大手レンタルサーバーで、利用者も多そう。

どちらを選んでも差は無さそうに見えますが、せっかくなら良いほうを契約したいですよね。

 

そこで本記事では皆さんの最終ジャッジをサポートするため、エックスサーバーさくらのレンタルサーバを徹底比較してみました!

 

人によって合うプランなどが異なりますので、ぜひ最後まで読んでぴったりのレンタルサーバーを見つけていってくださいね。

 

この記事の結論

安さ重視ならさくらのレンタルサーバでも良いが、総合的に見てエックスサーバーがおすすめ

 

エックスサーバーは初期費用無料・キャンペーン中の契約で月額693円~利用可能!

2分で登録可能

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較

 

まずはエックスサーバーさくらのレンタルサーバの概要をざっくり比較。

以下に際立ったものを挙げてみました。

 

エックスサーバーとさくらの比較

  1. さくらのレンタルサーバのほうが安い
  2. どちらも運営歴が長く信頼できる
  3. どちらも電話・メールサポートあり
  4. 途中でプラン変更したいならエックスサーバー一択
  5. WordPressの移行はエックスサーバーの方が簡単
  6. 管理画面はエックスサーバーの方が見やすい
  7. エックスサーバーのほうが障害が少ない

 

また、各社の基本スペックを比較表にしてまとめてみました。

 

特にビジネス用途ならさくらのレンタルサーバのほうが細かくプラン分けされていますね。

 

エックスサーバー
スタンダード プレミアム ビジネス
月額料金 990円~
キャンペーン価格693円
1980円~
キャンペーン価格1386円
3960円~
キャンペーン価格2772円
初期費用 0円 0円 0円
容量 300GB 400GB 500GB
転送量 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
WordPress
MySQL 無制限 無制限 無制限
無料SSL
FTP
WAF
PHP高速化
複数人管理 × ×
サポート体制 電話・メール 電話・メール 電話・メール
vCPU/メモリ リソース保証 6コア/8GB 8コア/12GB 12コア/16GB
備考 .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site ドメインのいずれか無料 .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site / .jp のいずれか無料 .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .blog / .online / .site / .jp / .co.jp / .or.jp / .ne.jp / .gr.jp のいずれか無料

 

さくらのレンタルサーバ
ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ マネージド
月額料金 128円~ 425円~ 900円~ 2,122円~ 3,819円~ 11,880円~
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料 49,500円~
容量 100GB 300GB 400GB 600GB 900GB 700GB
転送量 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
マルチドメイン 20個 200個 300個 400個 500個 無制限
WordPress ×
MySQL × 50個 100個 200個 400個 無制限
無料SSL
FTP
WAF
PHP高速化 ×
複数人管理 × × ×
サポート体制 電話・メール 電話・メール 電話・メール 電話・メール 電話・メール 電話・メール
備考 データベースなし WordPress向け 高トラフィック対応 複数人管理可能 専用IP対応 サーバー1台
まるごとレンタル

 

ここで上位プランの容量やMySQL・ドメイン利用可能数以外の違いについて説明。

 

さくらのレンタルサーバはビジネス系プランの場合、上位プランになると複数人管理やサーバー1台のまるごとレンタルが可能になるなど追加機能がつきます。

エックスサーバーは上位プランになると無料ドメインがつきます。

 

また2022/8〜新たにエックスサーバの初期費用が全て無料になりました!

エックスサーバーのプレミアム以上は費用の高い.jpドメインなどが無料になるのは、さくら以外の他レンタルサーバーと比較しても珍しいサービスですね!

 

しかしドメインは必ずしもエックスサーバー経由で取得する必要がないと考えると、MySQLやメモリ量にこだわりがなければあえてエックスサーバーを選ばなくてもいいかも。

より特徴的なサービスを提供しているのはさくらのレンタルサーバですね。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較1:さくらのほうが安い

 

プランが色々あるので単純比較するのは難しいですが、

以下の通りノーマルクラスのプランであればさくらのレンタルサーバの方が安いですね。

 

月額料金の比較

エックスサーバー スタンダードプラン 990円~(キャンペーン価格693円~

さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン 425円~

 

またエックスサーバーは2022/8〜初期費用が全て無料になりました。

 

お金の面で言えばさくらのレンタルサーバの方が始めやすいですね。

 

ただしエックスサーバーは全プラン独自ドメインが一つ永久無料でついてきますが、さくらのレンタルサーバにはつきません。

比較的安い.comドメインの場合、年間約1700円かかるのでこれを考慮に入れて再度スタンダードプランで発生する年間料金を比較してみます。

 

すると・・・

エックスサーバー スタンダードプラン990円×12ヶ月=年間11,880円
※キャンペーン価格なら693円×12ヶ月=年間8,316円

さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン 425円×12ヶ月+1700円=年間約6,800円

となります。

 

やはりさくらのレンタルサーバの方が年間5,000円安いですが、この後紹介する違いや特徴を考慮して価格差を検討していくと良いでしょう。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較2:運営歴はどちらも長く信頼できる

 

さくらのレンタルサーバと言えば、「昔ながらのレンタルサーバー」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

たしかにさくらのレンタルサーバを運営するさくらインターネットは1996年創業の超老舗。

 

どうせサーバーを契約するなら、安定して長く運営している会社が良いですよね!

 

一方のエックスサーバーは新参者かというと、そうではありません。

エックスサーバーのサービス開始は2003年であり、さくらのレンタルサーバよりはだいぶ新しいものの、一応20年近く運営が続いています。

 

単純な運営年数ではさくらのレンタルサーバに軍配は上がりますが、エックスサーバーもレンタルサーバー界の中ではかなりの運営歴。

エックスサーバーをやめておく理由にはならず、どちらも信頼に足ると考えて良いでしょう。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較3:どちらも電話・メールサポートあり

 

エックスサーバーもさくらのレンタルサーバも、全プラン無料の電話・メールサポートがついています。

 

サポートを重視したいのであれば、数あるレンタルサーバーの中でもエックスサーバーさくらのレンタルサーバがダントツです。

 

私も優柔不断でやりがちなのですが、「もっと他に良いサーバーはないかな…」と一から探す必要はないですよ!

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較4:さくらはプラン変更できない

 

さくらのレンタルサーバには注意点も…

 

それは、さくらのレンタルサーバでは契約後にプラン変更ができない点。

 

これは少し不便ですね・・・

 

いっぽうエックスサーバーは最初にスタンダードプランを契約した後、

容量が足りなくなったら他のプランにアップグレードすることもできますよ。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較5:WordPressの移行はエックスサーバーの方が簡単

 

WordPressの移行に関しては、エックスサーバーのほうが簡単です。

 

もともとサイトがある人限定ですが、他社サーバーからエックスサーバーにWordPressを移行する場合、「WordPress簡単移行」機能を使えばすぐにできます。

 

さくらのレンタルサーバSnapUPという機能でWordPressの移行ができますが、操作の簡単さでは少しエックスサーバーに劣りますね…。

 

関連記事

【画像有】さくらのレンタルサーバでWordPressを始める方法

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較6:管理画面はエックスサーバーの方が見やすい

 

管理画面もエックスサーバーの方が見やすいですね。

 

さくらのレンタルサーバは一見するとどこに何があるのかわかりづらいと、利用者からの不評の声も見られます。

(実際に操作しないと伝わりづらいかもしれませんが…)

 

さくらのレンタルサーバーでWordPressを始める方法

 

やってみるとわかるのですが、エックスサーバーのほうがボタンが整理されていてわかりやすいです。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較

↑エックスサーバーでは契約時にドメインが1つ無料になりました!

 

さくらのレンタルサーバも慣れてしまえば問題ありませんが、操作性を重視したい場合はエックスサーバーのほうが良さそうです。

 

エックスサーバーとさくらのレンタルサーバの比較7:障害の頻度に差がある

 

次はかなり重要なポイント。

 

エックスサーバーのほうが障害が少なく安定感があると評判です!

 

実はさくらのレンタルサーバは、一部利用者から障害が多いとの声が出ています…。

SNSで検索すると、ちらほらとさくらのレンタルサーバで作ったサイトにアクセスできなくなったと書き込みがありました。

 


ただしエックスサーバーも障害がゼロではないので注意。

 

少ないですが、このような声も。

 

 

どのレンタルサーバーでも多かれ少なかれ障害は起こり得ますが、ビジネス用途に使う場合などはエックスサーバーにしたほうが良さそうですね。

 

2分で登録可能

 

【比較】エックスサーバーとさくらのレンタルサーバには無視できない違いがあった

 

以上、エックスサーバーさくらのレンタルサーバの比較を行ってきました。

 

比較してみてわかった点を再度まとめると以下の通り。

 

エックスサーバーとさくらの比較

  1. さくらのレンタルサーバのほうが安い
  2. どちらも運営歴が長く信頼できる
  3. どちらも電話・メールサポートあり
  4. 途中でプラン変更したいならエックスサーバー一択
  5. WordPressの移行はエックスサーバーの方が簡単
  6. 管理画面はエックスサーバーの方が見やすい
  7. エックスサーバーのほうが障害が少ない

 

 

また機能が似ており、契約者数が多いと予想されるスタンダードプラン+ドメインの年間料金だけ比較した結果も再掲します。

 

エックスサーバー スタンダードプラン 990円×12ヶ月=年間11,880円
※キャンペーン価格なら693円×12ヶ月=年間8,316円

さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン 425円×12ヶ月+1700円=年間約6,800円

 

 

両者ともに、運営歴の長さやサポートの充実度は他レンタルサーバーと比べても文句はないでしょう。

 

さくらのレンタルサーバは月額425円~WordPressが使えて安いですが、やはりプラン変更ができず障害が多いという声が気になってしまいますね。

 

特に障害については趣味の個人サイトなら多少は目をつぶれますが、アクセス障害が収益に致命的なダメージを与えてしまうECサイト・企業サイト、またはゴリゴリのアフィリエイトサイトには向かないでしょう。

 

エックスサーバーのスタンダードプランは年間約5,000円高いですが、それだけの価値がありますね。

 

実は当サイトもエックスサーバーを利用していますが、安定感・速さともに満足しています!

 

エックスサーバーは管理画面の使いやすさもピカイチですので、レンタルサーバー初心者さん含め万人におすすめできます。

 

結論

よって当サイトでは

「安さ重視ならさくらのレンタルサーバでも良いが、総合的に見てエックスサーバーがおすすめ」

という結論です!

 

いずれのサーバーも無料お試し期間があるので、もっと詳しく知りたい人は実際に登録してみると良いでしょう。

気に入らなければ無料期間内での解約も可能です。

 

この記事が皆さんのレンタルサーバー選びのお役に立てますように!

 

エックスサーバーは初期費用無料・キャンペーン中の契約で月額693円~利用可能!

2分で登録可能

 

© 2022 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5