ソリューション | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ソリューション

小売業におけるビジネスインテリジェンス

  • NO IMAGE
  • 米小売大手ウォールマートが顧客の購買分析を行ったところ、幼児用おむつとビールの併売が多く、この仮説を元に両商品を並べて販売するとビールの売上が数十%も伸びたということがありました。その理由は、休日に母親におむつの買い物を頼まれた父親がついでに自分の好きなビールも買っていくというものです。

システムによる経営分析のための専門用語

  • NO IMAGE
  • このブログでは、ビジネスインテリジェンス(以下:BI)という言葉を何度か取り上げてきましたが、平たく言うと「分析」を指します。販売、購買、在庫、生産、そして経営など、様々なところに分析は必要とされ、PDCA(Plan – Do – Check – Action)を繰り返し、企業にとってのベストプラクティスを模索していくための道具です。

システムテストの重要性

  • NO IMAGE
  • システム開発をする上で大切なことはたくさんありますが、テストフェーズは最も重視されるステップかもしれません。当然、要件定義を行い、仕様を決めていくことも大前提としてありますが、テストは本番稼動前の試運転みたいなもので、ここで誤作動を修正し、安定したシステムに調整してきます。

BI利用形態の考え方

  • NO IMAGE
  • 以前よりビジネスインテリジェンス(以下:BI)については何度か取り上げたことがありますが、今回は導入時に想定しておいた方が良いであろう利用形態について触れてみたいと思います。ここで言う利用形態とは、利用者が何人いて、どういった用途が必要とされるのかということです。

ITとして内部統制のためにできること

  • NO IMAGE
  • J-SOXの施行がされたばかりの今日、大企業を中心に内部統制は最重要課題とも言えます。企業として存在する以上は、その規模に関わらずコンプライアンス・ポリシーを持ち、個人レベルで十分な認識の下、日々の生活を送る必要があるかもしれません。

BIプロジェクトの理想像

  • NO IMAGE
  • ここ数年、企業は情報の活用に力を入れています。これまで蓄積された予算、売上、取引先などの情報を元に経営資源の有効利用はされているか、市場における現状と改善策は何か、こういったものを分析し、PDCAサイクルを迅速に回すことにより競争優位性を得ようとしています。

あちら側の世界

  • NO IMAGE
  • タイトルだけを見るとおかしな内容だと思われるかもしれませんが、これは昨今のITにおけるメインストリームで、その力はビジネスにも大きな影響を与え続けています。

インターネットの世界と現実の融合

  • NO IMAGE
  • 1990年代、マイクロソフト社のWindowsをきっかけにパソコンは普及し、それ共にインターネットも生活の中に浸透してきました。2006年度インターネット白書によると日本におけるインターネット普及率は8000万人になり、今後も伸び続けるという見解があります。

顧客管理の王道「RFM分析」

  • 統計情報
  • 大手小売業や外食産業では日々当たり前のように行っているCRM。中小企業でも手をつけられている会社は多いと思います。今更・・・といったところもあるかもしれませんが、今回はその中でも王道とも言うべき「RFM分析」について書いていきます。

無料インターネット電話サービス

  • NO IMAGE
  • 最近、固定電話・携帯電話を問わずに基本料金や通話料の価格破壊が進んでいます。NTTドコモも家族間通話を24時間無料にするなど新たな料金体系を発表し、消費者としての立場から考えると嬉しいことですが、もっと無料に近づけることも可能です。

誰でも使えるインターネット共有フォルダ

  • GMAIL
  • 最近ではどこの会社でも共有フォルダを利用していると思います。耳慣れない方のために簡単に説明しますと、通常、パソコンで作成した資料は自分のパソコン上に保存しますが、中には部署内またはプロジェクト内等で共有すべき情報もあり、そういったものを個人のパソコンの中に保存していたのでは情報の伝達も遅れ、業務効率の低下を招きます。

「情報共有」をするということ

  • NO IMAGE
  • 学生の頃、学校には掲示板があって、学内のイベントや試験の情報などが張り出されていました。これに目を通さないと試験の日程も分からず、単位を落としかねません。部活やサークルに所属していると仲間からそういった情報が入ってくる上に試験対策ノートまで出回るので、特に気になりませんが、そうでない人からすると卒業にも影響する生命線です。

ビジネスインテリジェンス – 技術編 BI製品

  • NO IMAGE
  • BIが市場に出てから10年近くが経つのですが、現実のビジネスと協調できるようになったのはごく最近のことでしょう。それだけに今後の進化は楽しみなものがあります。そして、今回はそのBIにはどういった製品があるか紹介していきたいと思います。

ビジネスインテリジェンス – 技術編 システム構成

  • NO IMAGE
  • BIのシステム構成は企業の規模やデータ容量、分析要件によって内容が変わってくるのですべてを一括りにすることはできませんが、一般論としては、「①基幹系システム > ②データウェアハウス > ③データマート > ④インターフェース」の構成で運用されています。

ビジネスインテリジェンス – 活用編

  • NO IMAGE
  • 前回の「ビジネスインテリジェンス ~入門編~」では、データの「取得」「分析」「レポーティング」というキーワードを出しましたが、今回はその中でも特に「分析」と「レポーティング」について触れたいと思います。

ビジネスインテリジェンス – 入門編

  • NO IMAGE
  • ビジネスインテリジェンスとは、平たく言うと「専門知識を持たない利用者がデータベースから自由にデータを取得し、分析およびレポーティングを行うこと」になります。

業務分析(経営分析)のシステム的側面

  • NO IMAGE
  • 今回は、業務分析(経営分析)をシステム的側面から見た場合にどういった仕組みが必要になるかを簡単に述べたいと思います。まず、分析をするためにはその元ネタとなるデータが最重要要素となります。

人がやること・・・ITがやること・・・

  • NO IMAGE
  • 1990年代から急速に広がってきたビジネスシーンでのIT化。現在ではユーザ企業の知識も上がり、システムの良し悪しを判断し、より適したITの導入を進められていることと思います。

経営管理システム構築手法の捉え方

  • NO IMAGE
  • 経営管理システムというと一般的に管理会計やBSC(バランス・スコア・カード)などを連想されると思いますが、実際にこれらをシステムとして構築しようとする際に問題になるのが「データの取得」です。管理や分析といってもその元ネタとなるデータが存在しなければ実現できません。

システムによる業務管理

  • NO IMAGE
  • 中小零細企業では、まだまだ浸透していないシステムを用いた業務管理ですが、この意味するところは広義に渡り、ERP(企業資源計画)と呼ばれる企業活動の根幹を司る仕組みから、経営管理等の分析業務にまで及びます。

電子ファックスの効果

  • NO IMAGE
  • E-MAILが普及してきた現代においてもファックスの需要は絶大で、業界によっては未だにファックス中心のやり取りをしている会社も珍しくありません。そこには、「取引先にインターネット環境がない」、「取引先がE-MAILはあるのに目を通さない」などといった背景があるようです。

 Prev 1 2 3 4 5 6