オススメの無料オンラインストレージ Part 2 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

オススメの無料オンラインストレージ Part 2

オンラインストレージのニーズは高まっています。ビジネスで、プライベートで、必要な時に必要な情報にアクセスできることは有難いことです。情報共有基盤を考える上でVPNを構築することがひとつの理想ではありますが、中小企業では予算はもとより、自社で開発・運用できるスタッフもいません。そこでPacketiXのような外部のサービスを検討しますが、それすら二の足を踏んでしまう企業は少なくありません。より安く、より簡単に、それが人の求めるものです。

そうなると予算と技術を持たない企業や個人の選択できる道は「オススメの無料オンラインストレージ」で紹介したようなサービスになるわけですが、使い勝手の問題が出てきます。

ローカルフォルダにアクセスするようにオンラインストレージを使用できることが理想ですが、そのようなサービスはなかなか見当たりません。海外ではZumoDriveというまさにこれにヒットしたサービスがありますが、日本語環境のPCでは再起動するとアプリケーションが強制終了され、使用することができません。おそらく日本語ようなマルチバイト環境を想定したテストはされていないのでしょう。


ZumoDrive

また、以前、「誰でも使えるインターネット共有フォルダ」という記事の中でグーグルの提供するGMail Driveを取り上げたのですが、こちらも利用形態は理想に近いのですが、不安定さが目立ちます。

最近、注目しているのはリコーが提供している「」というものです。これは、FTPのようにオンラインストレージ上にファイルをアップロードし、編集する場合はローカルにダウンロードするという従来のものですが、アプリケーションがAdobe AIRで作られ、非常にグラフィカルです。

quanp
quanp

インターフェースとしては、オンラインとデスクトップ(2種類)がありますが、おすすめは「quanp.on」というデスクトップ版です。

ニーズに合わせて外部サービスを選択し、可能であればVPNを構築する。中小企業にとってはこういった流れが標準的なアプローチになるのではないでしょうか。