Gmailで独自ドメイン&外部SMTPサーバを使用する方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Gmailで独自ドメイン&外部SMTPサーバを使用する方法

「Gmailで独自ドメインを使用したい!」と感じたことはないでしょうか。ビジネスアカウントはもちろん、実は個人アカウントでも簡単に使用することができます。また、以前はGmailのSMTP経由でのメール送信しかできませんでしたが、現在では独自のSMTPを使用することができます。それでは設定方法です。

SMTPの設定

メール設定

Gmailを開き、「メール設定」をクリックします。

メールアドレスを追加

アカウントとインポート」タブを開き、「名前:」で「メールアドレスを追加」します。

エイリアス

名前(送信者名)とメールアドレスを入力し、「エイリアスとして扱います」にチェック入れた状態で「次のステップ」をクリックします。「エイリアスとして扱います」にチェックを入れないで進めると「送信済みメール」の宛先がすべて「自分」と表示されるので注意しましょう。

SMTPサーバー

続いて「Gmail経由で送信する」または「SMTPサーバー経由」のいずれかを指定します。後者の場合、SMTPサーバー、ユーザー名、パスワードを入力し、「アカウントを追加」をクリックしてください。尚、Gmail経由ではメーリングリストへの送信ができない場合がありますので、ご注意下さい。

確認コード

前作業が完了すると登録したメールアドレスに確認メールが送信されます。この段階でGmail側で独自ドメインメールを確認することはできないので、別のメールクライアントでメールを取得し、確認コードをコピーして、上図入力欄に貼り付け、「確認」を押下し、送信()の設定は完了です。

3の設定

POP3メールアカウントを追加

次にメールを受信するためのPOPを設定します。[メール設定] – [「アカウントとインポート」] – [POP3を使用したメッセージの確認] で「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックします。

メールアドレスを追加

SMTPでの指定した追加するメールアドレスを入力し、「次のステップ」をクリックします。ちなみに個人アカウントで追加できる独自ドメイン(POP3)は5つまでです。

POP3認証

ユーザー名、パスワード、POPサーバーを入力します。ポートおよびその他オプションは任意で変更してください。

以上で設定は完了です。これでGmailを従来のメールクライアントと同様に使用することができます。冒頭で触れたようにGmailの特性をビジネスで利用できることのインパクトは大きく、添付ファイルはグーグルドキュメントで表示するなど、場所や端末に依存することのないワークスペースが確立されます。