iPhoneの連絡先をiCloudとグーグルに同期 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhoneの連絡先をiCloudとグーグルに同期

5とiCloudがリリースされたことで、データハンドリングの選択肢がさらに増えました。そのひとつが連絡先です。筆者はこれまでグーグル連絡先のみを使用して同期を行なっていましたが、これを機に連絡先の管理方法を変更しました。

まずはその必要性として一例を挙げます。グーグル連絡先では、グループ機能があり、プライベートとビジネスを分けることも可能ですが、モバイルで見るとすべてが一覧表示されるため、連絡先の数が多くなると情報の判別が煩わしくなります。また、筆者はMacユーザなのですが、仕事で、Mail(アドレスブック)を使用して、相手先に返信すると、グーグル連絡先の姓名が逆転したり、フリガナが消えるなどの不具合が頻発していました。

こういった背景から「プライベート = グーグル連絡先」「ビジネス = 」という使い分けを行うことにしたのです。個人によって使い分けの要不要や目的は変わりますが、同じようなことを想定されている方に参考にしていただければ幸いです。

グーグル連絡先との同期方法

グーグル連絡先とiPhoneの同期方法については「iPhoneとGMAIL/連絡先/カレンダーを同期」をご参照ください。

iCloudとの同期方法

(iOS5)/)双方での設定が必要です。まずはMacから。[システム設定] – [iCloud] を開き、「連絡先」にチェックを入れてください。Mac側ではこれだけでiCloudとの同期が行われるはずです。

iCloud

次にiPhone側での設定ですが、[設定] – [iCloud] をタップし、「連絡先」をオンにします。[設定] – [メール/連絡先/カレンダー] を見ると、アカウントにiCloudが追加されています。

iPhoneとiCloudの同期

この状態で連絡先を開くと、グループにiCloudとExchangeが存在し、「すべての連絡先」を表示すれば、統合された連絡先を表示します。この時、二つ以上の連絡先に同一人物が存在する場合は、統合されて一件として表示されます。

iCloudがリリースされてまだ日は浅いですが、これまでのところ安定した連絡先管理ができています。

  • iCloud PERFECT GUIDEiCloud PERFECT GUIDE
  • 本日の一冊

    iCloudの基本とできること、iPhone&iPadの初期設定、パソコンの初期設定、写真はフォトストリームで管理、メール、連絡先、カレンダーを同期、書類を複数の端末で編集、端末の買い換え・不具合にも対応、iCloud非対応サービスに欠かせないiTunes、iCloud対応アプリの活用、Googleサービスで他人と情報を共有