Amazon Kindle Cloud Reader | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Amazon Kindle Cloud Reader

Amazon.comがSafariとGoogle Chrome上で動作する「 」をリリースしました。これまでKindleの書籍を閲覧するには専用端末またはアプリを必要としていましたが、これによりウェブブラウザから閲覧・購入が可能となります。

欧米において、Kindleは電子書籍普及の火付け役にもなりました。専用端末は注目を集め、多くのシェアを握りましたが、スマートフォンやタブレット端末の台頭によりマルチデバイス対応を求められ、今では、AppleのApp StoreやAndroidのマーケットでも専用アプリをダウンロードできるようになっています。

しかし、App Storeのアプリでは、外部コンテンツストアへのリンクが禁止されている上に、アプリ内での売上の30%はAppleに手数料として支払う取り決めがあるため、アマゾン側の利益は圧迫されます。一方で、「Kindle Cloud Reader」は前述の通り、ウェブブラウザで動作するため、この取り決めの範疇外になります。

また、Kindleでは書籍閲覧のライセンスを端末の数で制限しているため、一定数に達すると、登録デバイスを手動で解除しない限り、新規端末からは閲覧することができませんでした。しかし、「Kindle Cloud Reader」はAmazon.comのアカウントで識別されるため、複数のデバイスからアクセスしても1端末と認識されています。

登録デバイス

筆者は、Google Chromeより「Cloud Reader」を起動してみました。はじめにAmazon.comのアカウントでログインすると以下の画面が表示されます。

ライブラリ

実際に書籍を開いてみると、以下のように表示されます。音声による読み上げはありませんが、文字サイズや幅を任意で調整することもできます。筆者の感覚では、PCやタブレット端末であればこれで事足りるといった印象を受けました。

書籍閲覧

OSやアプリに応じてメンテナンスを行うのは非効率の上、アマゾンとしても利益率を落とすことになるでしょうから、今後はKindleとCloud Readerにリソースを集約することも考えられます