グーグル連絡先とMacアドレスブックの同期 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

グーグル連絡先とMacアドレスブックの同期

Macのアドレスブックを複数デバイス間で同期する方法はいくつかありますが、最も汎用性の高い方法のひとつがグーグル連絡先との同期です。Macだけではなく、Windows, Linux, iOS, Android等、ほぼすべての環境が網羅できます。今回はその方法をご紹介します。

ポイント

同期する際、グーグル連絡先を「正」にする必要がありますので、念のため、グーグル連絡先の姓名やフリガナ、その他必要情報が正しく入力されているかご確認ください。

アドレスブックおよびグーグル連絡先のバックアップを取得しておきます。アドレスブックは、[ファイル] – [書き出す] – [アドレスブックのアーカイブ] から。グーグル連絡先は、[その他の操作] – [エクスポート] からそれぞれファイルを出力します。

アドレスブック

グーグル連絡先

グーグル連絡先の確認

前述したようにグーグル連絡先を「正」にする必要があるので、アドレスブックをプライマリでご利用の方は、データを移行し、その後、アドレスブック内のデータをすべて削除してください。

同期設定

続いて、アドレスブックを開き、[アドレスブック] – [環境設定] を押下します。表示されたウインドウ上部の「アカウント」タブをクリックし、「Googleと同期」にチェックを入れ、右横の「構成」をクリックします。グーグルアカウント(メールアドレスおよびパスワード)の入力を行い、「OK」を押下すれば、設定は完了です。1時間ごとに自動同期が行われます。

アドレスブック同期設定

注意点

初回の同期でアドレスブック側に姓名が逆に表示されることがあります。これを修正する場合は、グーグル連絡先を開き、姓名を入力し直し、保存してください。また、アドレスブックの「名」欄に姓名両方が表示されることもありますが、これは修正しないでください。既存連絡先に対してアドレスブック側で修正を行うと、グーグル連絡先の姓名が逆に表示され、一部のデータが消えることがあります。