パーソナルクラウドストレージ「Bdrive」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

パーソナルクラウドストレージ「Bdrive」

昨今、オンラインストレージが注目を集めていますが、いずれも無料で使用できる容量は限られており、データ分散を余儀なくされているのではないでしょうか。Bdriveは、メインPCをサーバにVPNのような感覚で他のデバイスからアクセスを可能とするため、容量制限はサーバのディスク次第になります。

現状、Bdriveは、リリースされて日も浅いため、サーバとしてWindows/、クライアントにWindows、モバイルではiPhone/iPadのみに対応しています。しかし、ダウンロードページには、クライアントにMac、モバイルにAndroidも掲載され、「comeing soon」となっていますので、近日中に利用できるようになるでしょう。

以下にご紹介する内容として、筆者は、サーバにMac、クライアントにWindowsとiPhoneを使用してみました。

サーバへのインストールと設定

まずはダウンロードページよりプログラムをダウンロードし、通常通り、インストールを行います。

フォルダリスト

プログラムを起動するとタスクバーにBdriveのアイコンが表示されるので、クリックし、「Folder List」を押下します。

共有フォルダの指定

上図のウィンドウが表示されたら左下の「+」をクリックし、共有するフォルダを選択します。この時、パスワード設定の有無を指定できますので、必要に応じてご利用ください。

リスト上にフォルダが追加されたら右下の「Restart」を押下して、サーバ側の準備は完了です。クライアント側からアクセスする際は、一覧上にあるBIDと設定したパスワードが必要になりますので、メモをしておいてください。

Bdrive利用時は、常にサーバ上のBdriveを起動した状態にしておいてください。起動していなかったり、サーバの電源がOFFになっているとクライアントからの接続ができません。

クライアントへのインストールと設定

クライアントPC側でも同様にダウンロードページからBdrive Clientをダウンロードし、インストールします。

Bdive Client

Clientを起動すると上図が表示されるので、左上の「Add」をクリックし、控えておいたBIDを入力し、OKを押下してください。リストに追加されたら選択し、右上の「Connect」をクリックすると設定している場合、パスワードを聞かれるので、こちらも入力します。

データアクセス

データアクセス

エクスプローラーを見るとBドライブが追加され、データの取り扱いが可能になります。

iPhone

iPhoneの場合、App StoreからBdriveを検索し、インストールします。起動すると上図のようにフォルダリストが表示されるので、「+」をタップし、BIDを入力します。あとの手順はPCとほぼおなじになります。

SOHO、中小企業であれば、まさにVPNとしてご利用いただけるのではないでしょうか。