企業システム運用形態の今後 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

企業システム運用形態の今後

旧来の企業システムは、メインフレームやUNIXなどのハードウェアをベースにアプリケーションを構築してきました。そこからサーバはスリム化され、メインフレーム離れが始まるとアプリケーションも自社開発よりもパッケージの利用頻度が高くなり、今ではSaaSのようなアウトソーシングに注目が集まっています。

小売市場でパソコンがこの10年程の間に劇的に価格を変化させたように企業システムもより高品質で低価格な運用が可能となりました。SaaSはそういった風潮をさらに加速させるもので、企業のウェブに対する信頼度が向上すれば市場規模は今とは比べ物にならないほど大きなものになるでしょう。

しかし、企業システムのすべてをアウトソーシングすることは、現在の企業環境において許容範囲を超えていますし、仮に可能であったとしても人の本能はそこに抵抗を感じます。結局、中長期的な観点から企業システムは自社システムとSaaSの融合が図られるのではないでしょうか。

これまでのSaaSは単体としての機能やSaaS間連携は意識されてきましたが、企業内にあるシステムとの連携には比較的相性が良くありませんでした。もっと言うならば企業ごとのシステムはそれぞれの要件を具現化したものなので、これと連携させることは至難の業です。アーキテクチャーが根本的に異なるもの同士の連携は自社開発システムと同じ位置付けになるでしょう。

この連携を低コストで実現するパイプラインのような仕組みがSaaSで提供されればさらに企業システムは進化します。現実にこの試みはされていますが、一部のアプリケーションに対してであり、汎用性に欠けます。以前、「SaaSデータ統合ソリューション」という記事の中で「Boomi」というサービスをご紹介しましたが、日本企業がこれを実用化レベルに持っていくのはまだまだ先の話しであり、純国産日本語対応のサービスが理想とされるでしょう。