Dropboxをストリーミング化する「DropTunes」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Dropboxをストリーミング化する「DropTunes」

DropTunes

Dropboxは単なるオンラインストレージではない!そう感じさせてくれたのがChromeウェブストアで無料配布されている「DropTunes」です。名前から予測できると思いますが、Dropbox内にあるメディアファイルをストリーミング再生するためのアプリになります。

前提

事前にDropboxおよびGoogle Chromeをご利用されていることが前提となります。その上で、Dropboxの任意の場所にメディアファイルを置いてください。再生可能なファイル形式は、MP3, M4A, OGA, WAVの4種類になり、後で触れますが、MP3以外のファイル形式はHTML5モードで再生する必要があります。

DropTunesのインストール

Chromeウェブストアにアクセスし、DropTunesをインストールしてください。

ログイン

ログイン

初回、DropTunesにアクセスするとIDとパスワードを聞かれます。これはDropboxで使用しているものをお使いください。

ファイル再生

ファイル再生

再生ファイルのパスを開き、プレイボタンまたはファイル名左横にある「Play」をクリックするとストリーミングが開始します。冒頭に触れましたが、再生モードには、「Flash」と「HTML5」の二種類があり、MP3以外はHTML5モードでなければ再生できません。必要に応じて上図赤枠の文言をクリックし、再生モードを切り替えてください。

パソコンにメディアプレイヤーがない場合や音楽ファイルを保存していない場合でもDropTunesがあれば、手軽に音楽を楽しむことができます。Dropboxは無料で最大10GBの容量があるので、ミュージックライブラリとしても十分に利用できるのではないでしょうか。