Twitter風オンラインノート「Catch」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Twitter風オンラインノート「Catch」

Catch

昨日、ご紹介させていただきましたSpringpadに続き、Evernoteの競合とされるサービスをもうひとつご紹介します。「Catch」はTwitter風のオンラインノートで、EvernoteやSpringpadほどの機能は持ち合わせていませんが、手軽に書き込めることが特徴です。

上図のようにノート内のハッシュタグでタグを指定することができます。他のオンラインノートサービスにあるノートブックは存在しませんが、Twitterユーザには使い易いかもしれません。また、リッチテキストエディタが不要という方にも適しています。

ノートを印刷したい場合は、各ノートの右上にある更新日時をクリックしてください。単一ノートページが表示され、ブラウザの印刷機能を使用することで最適化された状態で出力されます。

各ノートには、写真やコメントを不可することができ、そのままメール、Twitter、Facebook等を使用して第三者と共有することが可能です。「sharing url」をオンにすると独自のURLが発行されるので、それを持って共有することも可能です。

iPhoneやAndroid向けには、「Catch Notes」という名称でアプリ配布を行っているので、併せてご利用ください。ジオタグにも対応しています。

メニューはすべて英語で表示されますが、日本語入力は可能なので、他のオンラインノートサービスでしっくりしない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

(Visited 631 times, 1 visits today)