Nドライブ - 容量拡大と共有機能追加 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Nドライブ – 容量拡大と共有機能追加

Nドライブ

様々なウェブサービスを展開するネイバージャパンが同社の無料オンラインストレージサービス「Nドライブ」の最大容量を10GBへ拡張し、ユーザからのリクエストが多かった共有機能も併せて追加しました。DropboxやSugarSnycでも10GBを最大容量としており、この数字が現在の基準になっているようです。

Nドライブは、会員登録を行ったユーザに無料でオンラインストレージを提供するサービスで「Nドライブエクスプローラー」をインストールすることで、Windowsのエクスプローラー内にNドライブが追加され、ローカルディスク同様の処理を可能とします。

これまでは5GBが最大でしたが、2010年12月8日に10GBへ拡張し、Nドライブ共有とフォルダ共有を可能としたことで、大容量データを自宅と職場または第三者と共有できるようになりました。

, Dropbox, SugarSync, ZumoDriveなど同種のサービスにおける無料容量を合計すると40GB以上にも及びます。個人利用の範疇であれば、もはや外付けストレージを持ち歩く必要はないかもしれません。