無料オンラインストレージの共存 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

無料オンラインストレージの共存

無料オンラインストレージ

筆者は、SugarSync, Dropbox, という3つのオンラインストレージを共存させています。いずれも2GBからスタートしますが、合計した最大容量(無料)は27GBにも及びます。自宅と職場、デスクトップとラップトップ、所有する複数端末間でデータ共有するのであれば、もはや記憶媒体を携帯する必要はありません。

SugarSync, Dropbox, ZumoDrive は、一見、競合するサービスに思われがちですが、共存させることでユーザの利便性を向上させます。おそらく多くのオンラインストレージユーザは、筆者のように複数サービスを同時に利用しているのではないでしょうか。

共存させる場合のポイントはそれぞれのストレージの役割を明確にしておくことです。一例としては以下のような用途が考えられます。

  • SugarSync = ビジネスデータ(個人)
  • Dropbox = ビジネスデータ(社内共有)
  • ZumoDrive = プライベートデータ

無料にこだわるのであれば、このような使い方もあります。複数のサービスを実際に利用してみて、ニーズに合ったサービスを選定し、有償プランに切り替えるという方法もあります。是非、吟味してみてください。