複数端末・ブラウザ間でグーグルブックマークを共用 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

複数端末・ブラウザ間でグーグルブックマークを共用

複数端末・ブラウザ間でグーグルブックマークを共用

Xmarksがユーザに対して来年のサービス終了に関する正式なアナウンスメールを配信しました。これはひとつの事実として受け止め、ユーザ側では、今後、どのように複数端末・ブラウザ間のブックマークを同期するのか検討しなければなりません。その最有力候補として考えられるのが、グーグルブックマークです。

グーグルは、これまでメール、カレンダー、連絡先など多くのサービスにおける同期手段をディベロッパーと共に提供してきました。FirefoxやGoogle Chrome(以下:Chrome)では既にグーグルブックマークを共用する仕組みが用意されていますが、Internet Explorerではその手立てがありません。

FirefoxやChromeにおけるグーグルブックマークの用途は、正確には同期ではなく「共用」です。拡張機能を追加することでメニューにグーグルブックマークを表示させ、あたかもローカルブックマークのように見せています。Safariにも同様の拡張機能が存在しますが、フォルダによる階層管理の可否に相違があります。ユーザにもよるでしょうが、筆者の場合、階層管理を重視しているため、これまでグーグルブックマークをメインに利用することはありませんでした。

しかし、今後、IEやSafariでもFirefoxやChromeのようにグーグルブックマークを階層化して利用できる拡張機能が配布されれば、ブックマークの主流になるでしょう。

実際にグーグルブックマークをローカル環境で共用する方法については、FirefoxとChromeを例にして、明日以降、詳細に書かせていただきます。