Xmarks - サービス終了間近! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Xmarks – サービス終了間近!

筆者も含め、Xmarksの愛用者は世界規模で多いと思います。そのXmarksが約90日後のサービス終了を発表しました。Xmarksは、複数端末におけるInternet Explorer, , , Google Chromeといった様々なブラウザのブックマークを同期してくれるサービスです。正直、この発表は残念でなりません。

Firefoxには「Firefox Sync」、Google Chromeには同期機能が包含されていますが、現時点で横断的にブラウザを同期してくれるサービスは、Xmarks以外知られていません。少し観点を変えれば、グーグルブックマークという選択肢もありますが、IEやSafariには、同期するプラグインが存在しないため、Xmarksに比べると利便性は劣ります。

今回の一件について、Xmarks側では資金繰りを問題にしています。Xmarksのサービスそのものは大半が無料でそこからの収入はほとんどありません。主には広告や寄付等で収入を得ていましたが、対運用コストとの採算が合わず、また、会社そのものの買い手も付かず、サービス終了に至りました。

FacebookやTwitterは例外としてもインターネットビジネスの最大の課題はマネタイズにあります。多くのサービサーは、肝心な収益構造が確立されないまま事業を進めてしまい、閉鎖に追い込まれるケースを目にします。今回のXmarksの終了は、インターネットビジネスの難しさを同時に投げ掛ける出来事でもあったのではないでしょうか。

(Visited 164 times, 1 visits today)