iPhoneとGMAIL/連絡先/カレンダーを同期 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

iPhoneとGMAIL/連絡先/カレンダーを同期

/PC間、またはiPhone/Mac間のデータ同期はデジタルライフの利便性を図る上で欠かせません。特にメール、連絡先、カレンダーの同期は重要で、同時にバックアップの役割も果たします。今回、ご紹介するのはグーグルの各種サービスを利用した方法になります。

概要

通常、iPhoneの連絡先やカレンダーの同期には、iTunesを使用しますが、ここではグーグル連絡先やカレンダーと直接同期を行います。

現状のバックアップ先より、連絡先は「CSV」または「vCard」ファイル、カレンダーは「iCal」または「vCard」ファイルでエクスポートしてください。その上で、iTunesの同期設定から連絡先とカレンダーを外します。万一、失敗があった場合、バックアップファイルをリストアしてください。

データの統合

連絡先とカレンダーのデータをグーグル側で統合する必要があります。それぞれのバックアップファイルをグーグル連絡先およびカレンダーにインポートします。おそらく入力項目通りにはインポートされないので、若干、手直しが必要となるはずです。また、グーグル連絡先については、以下のようにすべての連絡先を開き、「保存」を行ってください。

データ統合

これを行わず、連絡先を同期すると、iPhone側で姓名の表示が逆になります。後から編集することもできますが、どちらにせよ行う作業なので、初めに対応することをお勧めします。ポイントは、グーグル側で「完全」な連絡先とカレンダーを作成しておくことです。

iPhone側での設定

「設定」を開き、下図のように画面推移していきます。[/連絡先/カレンダー] – [アカウント追加] – [Microsoft Exchange]

iPhone側での設定

次に下図左の画面が表示されますので、「メール)」「ユーザ名」「パスワード」を入力し、画面右上の [次へ] をタップします。ドメインと説明はオプションですので、入力は任意です。次画面(下図中央)では、入力した内容がそのまま反映されますので、「サーバ」に「m.google.com」を入力し、[終了] をタップします。最後の画面(下図右)では同期する項目を指定しますので、「メール」「連絡先」「カレンダー」のすべてをオンにします。画面上にはありませんが、最後に「保存」をタップしてください。

iPhone側での設定

連絡先をオンにすると既存の連絡先の削除を確認されますが、削除していただいて結構です。グーグル連絡先のデータが「完全」なものであれば、同期後、復元されます。万一、失敗した場合は、バックアップファイルを使用して、アドレス帳を復元し、iTunesから同期してください。

これでグーグルから編集を行った場合も、iPhoneアプリ(連絡先/カレンダー)から編集を行った場合もデータは、iTunesを介すことなく、自動的に同期されます。世界屈指のグーグルのストレージにデータをバックアップしているという安心感もあります。

応用編

カレンダーがひとつであれば、上記の方法で表示可能ですが、プライベートとビジネスなど複数に分けている場合、追加で設定が必要です。以下のサイトにその方法が掲載されているので、参考にしてみてください。

Googleカレンダーの複数のカレンダーを[カレンダー]と同期したい

  • iPhone 4S スタートブックiPhone 4S スタートブック
  • 本日の一冊

    電話やメールの使い方、Webブラウザやマップ、iCloudの活用テクニックなどiPhone 4Sのキホンから使いこなし方までを、やさしく解説しています。iPhone 4Sは一般的なケータイとは使い勝手が大きく異なり、初めて購入した人は戸惑うことが多いでしょう。そこで本書では、iPhone 4Sの電話機能やメールのセットアップと使い方といった基本的なところから、標準アプリの使い方、iCloudの活用方法、おすすめのアプリまでをしっかりと解説しました。