無料グループウェア「サイボウズLive」 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

無料グループウェア「サイボウズLive」

サイボウズLive

Lotus Notes」「Microsoft Exchange」「サイボウズ」は、いずれもグループウェアとしては広く知られ、上場企業でも多くの導入事例を持っています。その中のサイボウズが無料で提供しているのが「サイボウズLive」です。予定ではまもなく自由登録が開始されるはずですが、それに先立ち機能レビューをさせていただきます。

上手を拡大(クリック)してご覧いただければ分かりますが、機能は非常にシンプルで、ToDo、カレンダー、メッセージ、アドレス帳、グループの5つがメインになります。

ToDoは個人のジョブリスト、カレンダーはスケジュール管理、メッセージはサイボウズLive内でリンクしているユーザ間の連絡、アドレス帳はメールのアドレス帳と同じです。サイボウズLiveにはメール機能がないので、アドレス帳に登録されたメールアドレスをクリックすると使用中のメールクライアントが起動します。

そして、サイボウズLiveで最も特徴的なのが「グループ」です。部署、、サークル、任意の切り口で作成することができ、作成したグループには、リンクのある既存ユーザはもちろん、メールアドレスを指定して未登録のユーザを招待することもできます。

サイボウズLive - グループ

その主な機能は、掲示板、ToDoリスト、共有フォルダ、イベント、メンバー名簿になります。こちらもシンプルな構成ですが、一般的に必要な機能が網羅されています。部署やプロジェクト以外にも特定の取引先のグループを設けても良いかもしれません。

昨今、グループウェアはコラボレーションツールとも言われ、次第に複雑化が進んでいます。中小企業などでは機能性よりも使い勝手を重視しますので、そういった意味でサイボウズLiveは中小企業向けなのかもしれません。この使い易さは長年、グループウェアでノウハウを培ったサイボウズならではのサービスと言えるのではないでしょうか。