Google Apps Week – DAY2 iGoogle | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Google Apps Week – DAY2 iGoogle

iGoogle

昨日に引き続き、二日目の今日は「iGoole」について触れていきます。ダッシュボードの役割があると漠然と知りながらガジェットにニュースサイトや天気予報などを追加してフィードリーダーとして使用しているのがほとんどではないでしょうか。しかし、今回の企画ではグループウェアとしてのGoogle Appsなので、iGoogleもそのために利用します。

上図をご覧下さい。ガジェットとして利用しているのは「」「カレンダー」「ドキュメント」「TODO」になります。すべてグーグルが提供しているウェブアプリケーションであり、多くのグループウェアでも使用されています。Lotus NoteやMicrosoft Exchangeなどの商用ソフトウェアでも表示は違えど、これらを機能を持っており、中心的な役割をになっています。

初期設定

iGoogleでは利用開始時に簡単ではありますが、初期設定をすることをおススメします。画面右上に「設定」というメニューがあるのですが、こちらをクリックするとサブメニューが展開されるので、その中から「 設定」をクリックします。すると下図が表示されます。

iGoogle 設定

まずは「全般」タブの枠内にある「リンクを新しいタブまたはブラウザ ウィンドウで開く」にチェックを入れてください。これは、iGoogleから各アプリケーションを開く際、別タブで表示するためのものです。ここにチェックを入れていない場合は、常に同じタブでアプリケーションが展開されるので、個人的には使い辛い気がします。

次に初期ガジェットの削除です。ここではすでにグループウェア向けのガジェットが配置されていますが、初回利用時には、ニュースサイト等が配置されています。その場合は各ガジェットの右隣にある「削除」というリンクをクリックして下さい。次に「ガジェットを追加」をクリックします。

レイアウトやテーマの変更は任意で行ってください。それ以外にもiGoogleの設定をエクスポート/インポートすることにより他者にも反映できますので、必要に応じてご利用ください。

ガジェットの追加・削除

今回は「メール」「カレンダー」「ドキュメント」「TODO」を追加します。ガジェットが見つからない場合は、右上にある「ガジェットを検索」を使用します。追加対象となるガジェットは画像下の「今すぐ追加」をクリックしてください。iGoogleの画面に戻る場合は、左上の「iGoogle ホームに戻る」をクリックします。

ガジェットを追加

iGoogle上の各ガジェットは、タイトルバーの薄いブルーのラインをドラッグして移動させることができます。すでにメールやスケジュールが登録されている場合は、上図のように内容が表示されますが、未使用の場合は何も表示されません。

iGoogleはあくまでもダッシュボードしての役割でしかありません。多くの情報を集約し、一覧することに特化した機能です。実際にメールを送受信したり、スケジュール管理をするには、GMAILやカレンダーを開く必要があり、それぞれタイトルや詳細のリンクをクリックすることで表示されます。

各アプリケーションの利用方法については、明日より掲載させていただきます。