アクセスログ解析とBIの融合 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

アクセスログ解析とBIの融合

本日の日経ネットPLUSにおいて、「アクセスログとビジネスインテリジェンスの融合」が取り上げられていました。ソフトバンク・テクノロジー(製品名:サイトカタリスト)とビジネスオブジェクツ(製品名:BusinessObjects)が提携し、ホームページ上での顧客行動のトラッキングと会社として保有する顧客データの融合および分析をすることで、より質の高い販促につなげることを目的としているようです。

もともとアクセスログ解析とビジネスインテリジェンスは、技術的には共通点が多く、共に分析をするためのツールとして存在しました。アクセスログ解析では、サイト訪問者の出入口、訪問頻度、訪問回数、ページ毎の滞在時間など、訪問者の行動を記録し、それをコンテンツの改良につなげていくというものでした。一方、ビジネスインテリジェンスは、経営分析、顧客分析、販売分析など企業の業務に直結する分野で活用されていました。

用途は大きく違いますが、インターネットが普及し、ECサイトの売上が伸びている現在においてこれら2つの分析ツールは、連動する必要があり、小売業では顧客管理をする上で必須とも言えるソリューションになります。

当然、利用者の利便性を考えるとインタフェースや操作は統一する必要があり、一般的に考えれば、柔軟な分析とレポーティングを得意とするビジネスインテリジェンス側に合わせることになるでしょう。問題はアクセスログと顧客データの融合で、技術的にここをどのようにするかで販促の善し悪しが大きく左右されるはずです。