ビジネスインテリジェンス | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ビジネスインテリジェンス

分析業務の心臓はデータ品質

  • NO IMAGE
  • 経営分析等の分析業務には大切なことがふたつあります。ひとつは分析手法。どういった分析をするかによって結果は全く変わってきます。そしてそれを下支えするデータ品質がもうひとつの要素であり、分析業務における心臓とも言えます。

ビジネスインテリジェンスを持ち歩く

  • NO IMAGE
  • 大手ビジネスインテリジェンス(以下:BI)ベンダーがiPhoneやiPadなどのモバイルに力を入れ始めています。BusinessObjectsやMicroStrategyが相次いでApp Storeにアプリの提供を行い、ユーザへのサービス向上に努めているようです。

世代交代によるICTリテラシーの向上

  • NO IMAGE
  • 世間では「団塊世代の退職は日本経済に大きな損失を与える」と数年前より言われていました。ベテランと呼ばれる方が企業リソースから外れることは確かに大きなダメージです。しかし、ネガティブなことばかりではありません。新たな時代では、経済体系そのものを変革しなければならず、そのための世代交代は必然的なことです。

ビジネスインテリジェンス・オン・クラウド – Zoho Reports

  • NO IMAGE
  • SaaS型ビジネスアプリケーションの提供を行っているゾーホージャパン株式会社は、2009年12月15日、クラウド版ビジネスインテリジェンス(以下:BI)「Zoho Reports」のリリースを発表しました。アプリケーションのクラウド化が進みだいぶ時間が経ちますが、BIに関してはあまり着手されていなかった気がします。

ウェブサービスの数だけビジネスインテリジェンスが必要

  • NO IMAGE
  • SNS、ネットショッピング、ネットバンク、すべてのウェブサービスでは利用者の行動を常にトラッキングしています。通常のウェブサイトではアクセス解析と呼ばれる手法を用いてトラフィックを中心にコンテンツの改善を図りますが、定型的なデータを定型的な見方ばかりしていては他者との差別化を図ることはできません。

BIコンサルタントに必要なものはKPI実践力

  • NO IMAGE
  • 昨今、ソフトウェアメガベンダーによるビジネスインテリジェンス(以下:BI)製品の買収が進み、さらにメガベンダー同士が提携を行うなど、BI市場が巨大化しています。これまでのBIコンサルタントとは一般的に特定のBI製品に精通し、顧客要件に合わせた実装が出来る力を求められてきましたが、現在、大きな変革期を迎えています。

ビジネスインテリジェンスへの投資は今が旬?

  • NO IMAGE
  • 某IT調査機関が国内外のCIOおよびIT責任者にIT投資対象のアンケートを行ったところ、アメリカでは4年連続でビジネスインテリジェンス(以下:BI)が1位に輝き、今年、日本でも2位に浮上したという報告がされています。それではBIは今が投資のタイミングなのでしょうか。

SAP BIの方向性

  • NO IMAGE
  • 2008年9月25日、SAPジャパンと日本ビジネスオブジェクツは、両社が持つBI製品の整理・統合を図ることを発表しました。BOは、ビジネスインテリジェンスの老舗としてそのテクノロジーが市場に出回りだした頃からビジネスを展開していましたが、2008年1月にSAPにより買収され、その後は、SAPの傘下としてBOブランドを残してきました。

BOJ – 中堅企業向けBIソリューション

  • NO IMAGE
  • 各メディアから日本ビジネスオブジェクツの中堅企業向けビジネスインテリジェンスソリューションがリリースされたことが報道されました。製品としてはBIスイート「BusinessObjects Edge 3.0」とレポーティングプラットフォーム「Crystal Reports Server 2008」になります。

理想的なBIインタフェースとは

  • NO IMAGE
  • ビジネスインテリジェンス(以下:BI)については以下の記事のようにこれまで何度となく触れてきました。世間には様々なBIが存在し、大手ベンダーは買収を繰り返す中で市場争奪戦を繰り広げています。今後はさらに市場再編が進み、生き残るベンダーの数も限られてくるでしょう。

アクセスログ解析とBIの融合

  • NO IMAGE
  • 本日の日経ネットPLUSにおいて、「アクセスログとビジネスインテリジェンスの融合」が取り上げられていました。ソフトバンク・テクノロジーとビジネスオブジェクツが提携し、ホームページ上での顧客行動のトラッキングと会社として保有する顧客データの融合および分析をすることで、より質の高い販促につなげることを目的としているようです。

業務分析システム – BI・OLAP・DWH

  • NO IMAGE
  • システムとして経営分析や顧客分析に使用されるソリューションは数多くおりますが、そのほとんどは概念的なものであり、時代と共に呼称も変化してきました。ビジネスインテリジェンス、OLAP、データウェアハウス、いずれの名前も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

小売業におけるビジネスインテリジェンス

  • NO IMAGE
  • 米小売大手ウォールマートが顧客の購買分析を行ったところ、幼児用おむつとビールの併売が多く、この仮説を元に両商品を並べて販売するとビールの売上が数十%も伸びたということがありました。その理由は、休日に母親におむつの買い物を頼まれた父親がついでに自分の好きなビールも買っていくというものです。

システムによる経営分析のための専門用語

  • NO IMAGE
  • このブログでは、ビジネスインテリジェンス(以下:BI)という言葉を何度か取り上げてきましたが、平たく言うと「分析」を指します。販売、購買、在庫、生産、そして経営など、様々なところに分析は必要とされ、PDCA(Plan – Do – Check – Action)を繰り返し、企業にとってのベストプラクティスを模索していくための道具です。

BI利用形態の考え方

  • NO IMAGE
  • 以前よりビジネスインテリジェンス(以下:BI)については何度か取り上げたことがありますが、今回は導入時に想定しておいた方が良いであろう利用形態について触れてみたいと思います。ここで言う利用形態とは、利用者が何人いて、どういった用途が必要とされるのかということです。

BIプロジェクトの理想像

  • NO IMAGE
  • ここ数年、企業は情報の活用に力を入れています。これまで蓄積された予算、売上、取引先などの情報を元に経営資源の有効利用はされているか、市場における現状と改善策は何か、こういったものを分析し、PDCAサイクルを迅速に回すことにより競争優位性を得ようとしています。

顧客管理の王道「RFM分析」

  • 統計情報
  • 大手小売業や外食産業では日々当たり前のように行っているCRM。中小企業でも手をつけられている会社は多いと思います。今更・・・といったところもあるかもしれませんが、今回はその中でも王道とも言うべき「RFM分析」について書いていきます。

ビジネスインテリジェンス – 技術編 BI製品

  • NO IMAGE
  • BIが市場に出てから10年近くが経つのですが、現実のビジネスと協調できるようになったのはごく最近のことでしょう。それだけに今後の進化は楽しみなものがあります。そして、今回はそのBIにはどういった製品があるか紹介していきたいと思います。

ビジネスインテリジェンス – 技術編 システム構成

  • NO IMAGE
  • BIのシステム構成は企業の規模やデータ容量、分析要件によって内容が変わってくるのですべてを一括りにすることはできませんが、一般論としては、「①基幹系システム > ②データウェアハウス > ③データマート > ④インターフェース」の構成で運用されています。

ビジネスインテリジェンス – 活用編

  • NO IMAGE
  • 前回の「ビジネスインテリジェンス ~入門編~」では、データの「取得」「分析」「レポーティング」というキーワードを出しましたが、今回はその中でも特に「分析」と「レポーティング」について触れたいと思います。

ビジネスインテリジェンス – 入門編

  • NO IMAGE
  • ビジネスインテリジェンスとは、平たく言うと「専門知識を持たない利用者がデータベースから自由にデータを取得し、分析およびレポーティングを行うこと」になります。

業務分析(経営分析)のシステム的側面

  • NO IMAGE
  • 今回は、業務分析(経営分析)をシステム的側面から見た場合にどういった仕組みが必要になるかを簡単に述べたいと思います。まず、分析をするためにはその元ネタとなるデータが最重要要素となります。