企業内コミュニケーション | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

企業内コミュニケーション

OpenPNEで有名な株式会社手嶋屋の代表取締役である手嶋守氏のブログで「OpenPNEで会社組織の「絆」をつくる」という投稿を拝見させていただきました。確かに企業では外的コミュニケーションと内的コミュニケーションがあり、後者については積極的な取り組みや効果を顕著に目にすることがありません。

大企業では社員のモチベーションを向上させる意味でも福利厚生を充実させたり、イベントを頻繁に開催していますが、中堅企業になると資金面やリソースの問題からなかなか着手できていないのが実情です。また、時代の流れからか、一昔前までは頻繁に行われていた社内ゴルフコンペへの参加者数も減少し、管理職と若手社員の間でのコミュニケーションが十分に行われていないという話しをよく耳にします。

それを解決する手段がSNSに代表されるウェブの世界にあるとは、必ずしも言えませんが、選択肢として考えても良いことは間違いありません。個人が十分な意思疎通をするにはやはり対面でのオーラルコミュニケーションが一番だと思いますが、時間や場所の制約がある以上、副次的な手段が必要とされます。

SNSも、ブログも、フォーラムもあくまでも道具ですが、その使い方次第で企業にとって欠かすことのできない存在になります。BSC(バランス・スコア・カード)でも定量的な数字ばかりでなく、社内満足度など定性的な要素を重視していることからも企業の維持と発展には、その時代に即した新たな方法を模索する必要があると思います。