システム開発とパッケージソフトウェアの違い | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

システム開発とパッケージソフトウェアの違い

広義な意味で捉えるとシステム開発には社内業務(会計や人事など)システムはもちろんホームページ制作も含まれます。すなわち人がシステムを作るという行為を指します。一方でパッケージソフトウェアは、ある程度、システムとしてのフレームワークを持ち、その上にシステム開発を加えることで開発工数を削減できるというものになります。この二つについての違いや投資対効果を踏まえた導入方法に頭を悩まされている方は多いのではないでしょうか。

まず、端的に言えば、「あるシステムを開発するのに安く済む方を選択する」というのが理想的な導入方法です。そんなことは当たり前と感じるでしょうが、このシミュレーションが非常に難しいのが現実です。

仮に社内にERPを導入したいと考えた場合にまず頭に浮かぶのは、SAPやオラクルといったソフトウェアベンダーが販売するパッケージソフトウェアでしょう。ERPは非常に複雑なシステムで、社内業務すべてのシステム連携が必要とされます。これを自社で要件定義を行い、設計し、開発していたのでは膨大な時間と費用がかかります。ERPパッケージはそこに長年のノウハウが凝縮されていますので、かなりの労力軽減につながります。

とはいえ、ERPパッケージも万能ではありません。企業独自の要件や日本の商習慣に合わせたカスタマイズが必要です。一見すると、ソフトウェアを買った上にシステム開発までしなければならないのか・・・と納得がいかないかも知れませんが、大手パッケージソフトウェアは、世界で販売され、どこにおいても対応出きるよう汎用的に作られています。個別の企業では、必ず独自のワークフローが存在するので、そこはカスタマイズする以外に方法はありません。

共通箇所はパッケージで、独自箇所はシステム開発で対応するというのが一般的な手法です。あとは、共通箇所と独自箇所の割合でしょう。共通箇所が多ければパッケージの効果は絶大ですし、独自箇所がほとんどであればシステム開発のみで対応した方が安く上がることもあります。

販売(開発)側の視点で見ると、受注単価が高いのはシステム開発です。しかし、パッケージソフトウェアは、量産し、販売しますので、利益率で考えると市場のシェアを握ればパッケージの方が高いでしょう。ただし、パッケージは開発にあたり、膨大な初期投資を行っています。つまりある程度の資本がある企業でなければ質の高いパッケージは作れません。また、パッケージについてもっとも知識を持っているのは、それを販売するベンダーです。顧客からの問い合わせはベンダーが窓口になり、コンサルタントも自社から派遣します。市場でシステム開発会社よりもソフトウェアベンダーが優位な立場にあるのはこういった背景があるからなのかもしれません。

話しがそれましたが、これまで触れてきましたようにシステム開発とパッケージソフトウェアは、相互補完する関係にあります。パッケージの仕様を見極め、自社の要件と対比し、もっとも効率的なシステム導入が必要とされています。

KEYWORD