無料インターネット電話サービス | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

無料インターネット電話サービス

最近、固定電話・携帯電話を問わずに基本料金や通話料の価格破壊が進んでいます。NTTドコモも家族間通話を24時間無料にするなど新たな料金体系を発表し、消費者としての立場から考えると嬉しいことですが、もっと無料に近づけることも可能です。

その最たる例が「インターネット電話サービス」。すでに世の中に知れ渡っているので、ご利用されている方も多いと思います。有名所では「Skype」「Google Talk」「Windows Live Messenger」などがあり、最もシェアが高いのはSkypeでしょう。それまではWindows Live Messengerを中心にチャットという発想はありましたが、電話というキーワードはなかなか浸透していませんでした。おそらくIP電話の存在もあり、混同していた方も多かったでしょうし、なにより固定電話に比べ、音質が悪いと言われていました。

しかし、急速なブロードバンドの普及やインターネット利用料の定額制によりそういった問題も軽減され、今では固定電話と大差ありません。市販の専用機(3000円前後)を購入し、パソコンに装着(USB接続)すれば、場所(海外も対応)や時間を問わず通話無料というのは画期的なサービスです。通話利用者双方に同じソフトウェア(Skypeなど)をインストールしなければならないという条件はありますが、この設定さえ行えば、固定電話と同等の機能を果します。また、Skypeの場合、オプション(有料)契約をすると一般電話との受発信もできるため、抵抗のない方には固定電話とまったく同じサービスとなります。

ビジネスの場でもインターネット電話サービスは利用されています。専用機を取り付ければ、遠隔地との電話会議も可能になり、コスト削減に大きく役立ちます。もちろん出先では利用できないので、携帯電話は必須アイテムかもしれませんが、今後、このインターネット電話の技術が向上し、浸透していけば固定電話の存在は危ぶまれるかもしれません。

(Visited 68 times, 1 visits today)
KEYWORD