エンジニアの副業の始め方・稼ぎ方を学ぶ

Midworksは未経験者は使えない! ゼロから独立する方法有

こちらの記事では現役フリーランスエンジニアが「Midworksに未経験者も登録できるのか?」という疑問にお答えします。

 

記事執筆者:オザック

エンジニア歴9年以上、年収1000万のフリーランスエンジニア、オザックです!

某有名R社に勤めていた過去があり、副業を含めて関わってきたプロジェクトは20以上。

複数のエージェントに登録していて、エージェントからの案件で仕事しています。

またプログラミングの副業で年間300万円稼いでいます。

 

フリーランスエンジニア・デザイナーを目指している皆さん、こんにちは。

 

この記事を見ているということは、

案件の紹介から企業との条件交渉までを一括で済ませてくれるMidworks(ミッドワークス)というエージェントを検討されているのではないでしょうか。

フリーランス向けの支援がこれでもかと充実していながら登録無料という太っ腹っぷりです。

 

しかしMidworksは登録時に電話面談があることから、

エンジニア未経験、もしくはフリーランス未経験でも登録できるの?

と不安に思っている方もいますよね。

 

まずは結論から。

 

残念ながらMidworksはエンジニア未経験の方が登録するのは事実上難しいです。

 

この記事の結論

  • エンジニア完全未経験者はMidworksに登録できない
  • 企業でエンジニア経験があるフリーランス未経験者はmidworksに登録可能
  • 完全未経験の人は企業に入って経験を積もう

 

エンジニア未経験の方は最初の仮登録までは進めますが、その後の電話面談でカウンセラーから今の自分のスキルを聞かれます。

スキルがないと案件獲得は非常に困難ですので、実際は利用が難しいと思ってください。

またフリーランス未経験でも、企業でエンジニア経験があればMidworksは利用できます。

 

記事の最後にこれからフリーランスとして手に職をつける方法も説明しますので、

エンジニア未経験の方も落胆せずにぜひ読み進めていってくださいね。

 

非公開案件が80%もあるエージェントなので無料登録して話を聞くのがおすすめです!

Midworks公式サイト

氏名,メール,電話番号,生年月日だけで登録可能!

 

Midworksは会社員並みの待遇の優良エージェント

 

まずはMidworksの概要・メリットを簡単に紹介していきますね。

 

Midworksの特徴

  1. 正社員並みの福利厚生
  2. 豊富な案件数
  3. 高単価・低マージンな非公開求人が多数
  4. スキル・ポジション・エリアなど自分のこだわりに合わせて案件を検索できる

 

Midworksのメリット:正社員並みの福利厚生

 

Midworksの第一のメリットは、正社員並みの福利厚生があるところ。

 

オザック
会社に守られておらず、立場が弱くなりがちなフリーランスにとっては嬉しいですよね!

 

具体的な福利厚生内容はこちら。

 

福利厚生内容

  • フリーランス協会のベネフィットプラン無償提供
  • 確定申告の経理支援(弥生会計またはfreeeを利用可能)
  • 賠償責任補償や仕事中でのトラブルリスクの保証
  • 生命保険の半額負担
  • リロクラブでグルメやレジャー、子育てなどの福利厚生
  • 報酬保証サービス
  • 勉強会や書籍代、交通費を支援

※詳しくはこちらのMidworks福利厚生を参照

 

特に注目したいのは

  • 確定申告の経理支援
  • 報酬保証サービス
  • 勉強会や書籍代、交通費支援

の3つ。

 

Midworksならfreeeや弥生会計が使える

 

フリーランスなら誰もが通る道である確定申告

自分ですべて済ませるのは大変ですが、Midworksに登録すれば以下2つの会計ソフトのいずれかを使えます。

  • freee スタンダードプラン
  • 弥生会計 ベーシックプラン

 

これ一つで日頃の帳簿付けから確定申告書の作成までできるため、余計な事務作業を削減して本業に集中できますね。

月額料金 年払い料金
freee スタンダードプラン 1,980円 23,760円
弥生会計 ベーシックプラン - 33,000円

 

例えばfreeeなら月額1,980円のスタンダードプランが利用可能。

年払いプラン換算でも年間23,760円が丸ごと浮きますよ。

※別途Midworksの有料プランに加入する必要あり。

 

関連記事

マネーフォワードクラウド確定申告とfreeeを比較!インボイス制度も考慮して選ぼう

 

報酬保証サービスがある

 

Midworksの報酬保証サービスも侮れません。

Midworks経由で受注した仕事が途切れてしまっても、60%までなら報酬が保証されます。

※審査通過など一定の条件が必要

 

勉強会や書籍代、交通費支援がある

 

Midworksでは仕事に必要な交通費(月3万円まで)やスキルアップを目的とした書籍・イベント参加費用(月1万円まで)をサポートしてくれます!

オザック
今までのフリーランスなら考えられない支援ですよね!

※別途Midworksの有料プランに加入する必要あり

 

Midworksのメリット:豊富な案件数

 

Midworksは全国で3000以上の案件数を誇ります。

 

客先常駐型の案件はもちろん、週2~週3の案件やフルリモート案件も多数。

理想のおライフスタイルに合わせ、自由な働き方ができますよ。

 

Midworksのメリット:高単価・低マージンな非公開求人が多数

 

実はMidworksは8割以上を非公開求人としています。

 

オザック
非公開ならではのメリットは、通常の案件に比べ応募が殺到しづらいところ!

 

これなら応募者側としても無駄撃ちを減らせますよね。

 

またMidworksの案件は他社エージェントと比べても低マージンです。

採用側としてもMidworks経由の応募者はコストが低く済むので、切られづらいと考えられます。

 

Midworksのメリット:こだわりに合わせた案件検索が可能

 

Midworksでは自分のこだわりに合わせて案件検索ができるのもメリット。

  • スキル
  • ポジション
  • エリア
  • 報酬額

などを指定可能です。

登録するとキャリアカウンセラーからの紹介のほか、さまざまな案件を探すことができますよ。

 

Midworks公式サイト

氏名,メール,電話番号,生年月日だけで登録可能!

 

Midworksはエンジニア未経験者は登録できない!

 

Midworksの特徴がわかったところで、

Midworksはエンジニア未経験者は利用できるのか?

という問いに対する回答です。

 

先にも述べましたが、エンジニア・デザイナー未経験の人は事実上登録不可となります。

 

というのも、Midworksに掲載されている案件は経験者向けのものばかりだからです。

 

独学でプログラミングを学んでいたとしても、業務で使ったことがなければ経験値が足りず採用されない可能性が高いです。

 

無料登録の際に受けられる電話ヒアリングで希望条件や取得済みのスキルを聞かれるため、

自分のスキルが足りているか不安な人は一度相談してみると良いですよ。

 

Midworks公式サイト

氏名,メール,電話番号,生年月日だけで登録可能!

 

Midworksはエンジニア経験者ならフリーランス未経験でも登録可能

 

次は、

Midworksはフリーランス未経験者でも利用できるのか?

という疑問についてお答えしていきます!

 

Midworksは企業でのエンジニア経験があればフリーランス未経験でも登録できる

 

この答えですが、Midworksは企業でのエンジニア経験者ならフリーランス未経験でも登録できます。

 

ただし企業でのエンジニア経験は最低でも1年程度は必要だと思ってください。

 

厳しいようですが、フリーランスは完全実力主義の世界です。

最低限のスキルがなければエンジニア未経験者と同じ扱いになるのは覚悟しておきましょう。

 

オザック
理想を言えば、企業でのエンジニア経験は2~3年は欲しいところですね。

 

Midworksでは登録時のカウンセリングで「どんな働き方を希望しているか?」も聞かれるので、条件に合う案件を紹介してもらえますよ。

 

Midworksはフリーランス未経験者のサポートがある

 

ところで、

フリーランスになるのが初めてで、詳しい税務関係の手続き方法がわからないんですが…

と思っていた方もいますよね。

 

Midworksならフリーランスになるのが初めての方も安心。

オザック
Midworksでは手続き関係のサポートや専属の税理士の紹介もしてくれます!

会計ソフトも無料で使えるため、確定申告の心配もしなくて大丈夫ですよ。

 

ここで少しMidworksの評判も紹介。

 

 

フリーランスになろうと決めた際に、その願望を叶えるためには、エージェント側も細かな情報をオープンにしていることがポイントでした。

納得いく水準であれば、その案件に関心を持ちますが、そもそも情報がないと判断もできません。

いろいろなエージェントがあるなかで、Midworksはマージンを公開しています。その姿勢に好感が持てたので、ここにお願いしようと決めました。

Midworks公式サイトより引用

 

今思い返してみると、以前のエージェントの担当者は熱意がなかったと思います。

私の意思もうまく伝わらず、会話が思うようにできなかったです。

でもMidworksの担当者は熱心で、知識も豊富。エンジニア出身の人もいるので、話も合い、安心して任せられます。

Midworks公式サイトより引用

 

エージェントの熱意や知識も十分で、

かつマージンも公開していて透明性も高いのは信頼できる証拠ですよね。

 

なおMidworksのカウンセリングは毎日9時~20時30分まで30分刻みで予約可能。

忙しい人でも都合をつけやすいですよ。

 

オザック
余裕があれば他にも3社程度のエージェントに登録し、並行して自分に合った案件を探していくのがオススメ!

 

Midworksの詳しい口コミやメリットなどは、下の記事でも紹介しているので合わせてチェックしていってくださいね。

 

Midworksの詳しい評判はこちら

【副業OK?】Midworksの評判/メリットは?単価や手数料も解説

 

Midworks公式サイト

氏名,メール,電話番号,生年月日だけで登録可能!

 

Midworksに登録できない人はまずは企業で経験を積もう

 

以上、エンジニア・もしくはフリーランス未経験の方向けにMidworksを解説してきました。

 

記事のまとめですが、Midworksを利用できるのは

  • 仕事でエンジニアの経験がある人

に限られます。

 

フリーランスでありながら会社員並みの充実した保証を受けられるのは珍しいので、Midworksはエンジニア経験者なら絶対登録すべきサービスですよ。

 

オザック
Midworksが利用できず残念に思った人がいたら、まずはエンジニアとして経験を積んでいきましょう!

Midworksを使うのはその後です。

 

エンジニア未経験からいきなりフリーランスになろうとするとクラウドソーシングやココナラで仕事を探すのが主な手段になりますが、これはかなりの狭き門です。

 

特にクラウドソーシングは登録さえすれば誰でも利用できるため、1つの案件に数十から100件以上の応募が殺到することもよくあります。

 

特に初心者でも取り組める簡単な案件ほど応募が増える傾向にあるので、これでは実績作りの段階で挫折してしまうかもしれません。

またクライアントも実績あるエンジニアに依頼したいのが普通なので、初心者はいつまでも仕事が取れない負のループに陥る可能性も。

 

オザック
カウンセラーのサポート付きで、多くの非公開案件を抱えるMidworksならこの心配もありません。

 

しっかり技術が身に付くまでフリーランスになるのは我慢し、まずはエンジニア転職を目標に切り替えたほうが良いですね。

 

エンジニア未経験の方はまず何から始めればよくわからない人向けには、具体的なロードマップも別記事で用意しました。

以下を読めば未経験の方が何をどうやって学び、これからどのように行動していけば良いかわかるようにしています!

 

まずはエンジニア転職したい人はこちら

未経験から中級者になれるバックエンドエンジニアのロードマップ

 

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは、Webサービスのサーバー側を構築する役割のことです。

対してフロントサイドエンジニアはWebサービスの見た目部分を作ります。

キャリアアップの面でバックエンドエンジニアの方が少し有利なため、上の記事ではバックエンドに焦点を当てました!

 

こちらのブログでは、知識ゼロからエンジニアになる方法を他にも解説中です。

必ず役に立つ記事が見つかるので、ぜひともブックマークして情報収集に役立ててくださいね。

 

Midworks公式サイト

氏名,メール,電話番号,生年月日だけで登録可能!

© 2022 エンジニア副業道場 Powered by AFFINGER5