ブログとは・・・ | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ブログとは・・・

日頃、お客様とお話しをさせていただく中で、「最近、ブログという言葉はよく耳にするけど、いったい何なの?日記とは違うの?掲示板とは違うの?」というご質問をいただくことがあります。確かに現在ではブログという言葉が先行して、その意味は後付けのような存在になっています。すでに深い理解も持っている方には「今更・・・」といった感じかもしれませんが、利用されたことのない方には疑問だらけの言葉だと思います。

まずはブログという言葉の由来ですが、「ウェブ(インターネット)上にログ(記録)を残す」という意味のウェブログが略されて「ブログ」という名詞が誕生しました。そして、利用者側の最大のメリットはパソコンのタイピングさえできれば、インターネット上に自ら情報を書き込めるということです。

これまでは、専門的な技術(例:HTML)を持った技術者が開発を行わなければインターネット上に情報を配信することはできませんでしたが、ブログの登場によりその間口が大きく開かれたのです。そして、ブログはインターネット上の全体だけではなく、一部のグループや自分だけのスペースとして公開することができるため、目的に合わせて様々な用途に用いることができます。

例えば、不特定多数(全体)への公開をした場合、ブログは完全な情報配信ツールとなります。自分が感じたことや知識を第三者に共有または告知したい。小説家を目指す人が素晴らしいストーリーを持っており、出版社は取り合ってくれなかったが一般の人の反響が見たいなど、多くの可能性と知識の泉としての役割を持っています。

一部のグループだけのスペースとした場合は、同窓会のコミュニティにもなります。なかなか時間が合わなくて会えない旧友とインターネット上でやり取りをかわし、実際に同窓会を開く。仕事で利用すれば社内の情報掲示板や業務日報にもなります。そして、自分だけのスペースとした場合、ブログは日記やメモ帳になります。

このようにブログを有効活用すればプライベートだけではなくビジネスにも大いに役立つ道具となります。最近ではブログの特徴を活かし、ブログでホームページを作成する個人や法人も増えています。しかし、これには十分な知識が必要になります。

ビジネスで利用する場合は、要件と見比べ、ブログが適切な手段であるか、また適切である場合、どういった活用手段が有効であるかを検討する必要があります。

KEYWORD