ソーシャルメディアクライアント - Seesmic Desktop 2 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

ソーシャルメディアクライアント – Seesmic Desktop 2

Seesmic Desktop 2

利用者がソーシャルメディアに求めるものは、他のつながりであり、経験であるような気がします。その範囲を広げるには、複数のメディアを利用した方が良いという事は既知の事実ですが、間口がバラバラでは面倒で手付かずとなり、逆効果です。そこで間口を一本化する仕組みが重要となり、「Seesmic Desktop 2」はオススメの逸品です。

筆者は、これまでもSeedmicに注目していました。実際に何度か使用したこともあります。それでも個人的なニーズからHootSuiteを愛用していました。しかし、「Seesmic Desktop 2」は、これまでとは異なり、利便性だけではなく、視覚性も格段に向上しました。

機能拡張の柔軟性

最大の特徴は、プレスリリースにあるようにFirefoxのようなインストール後の機能拡張が可能になったことです。Plugin Marketplaceにてプラグインを配布しており、現在は数が少ないものの、今後、日本人ユーザ向けのプラグインも配布されるかもしれません。個人的には、, GREE, アメーバなうが加わってくれると嬉しいですね。

リッチインタフェース

個人の好みもあるでしょうが、Silverlightをベースに作られたシックなインタフェースも魅力的です。プレスリリースにあるようにユーザの声が反映されているのではないでしょうか。

その他の機能

以前のバージョンからの継承も含め、その他の機能を一部ご紹介します。

  • 複数アカウントの登録と同時投稿
  • タイムラインの一本化(HOME)
  • bit.ly等のURL短縮の利用
  • twitpic等の画像取扱
  • つぶやきの翻訳(日本語~英語等)

上述したように今後、プラグインが増えて行くことも考えると大変魅力的なソーシャルメディアクライアントと言えます。ただし、iPhoneアプリが以前のままなので、他のデバイスに関しても改善が欲しいところです。

これまでのソーシャルメディアクライアントは、乱立する創成期にありましたが、次第に淘汰されて行くでしょう。見解の違いはあるかもしれませんが、TweetDeck, HootSuite, Seesmicは、その中でも勝ち組に入り、多くの利用者を獲得しています。日本では、ソーシャルメディアクライアントの取り組みが海外ほど旺盛ではないので、国内の流れは見えていませんが、, , グーグルバズ, mixi, GREE, アメーバなう辺りを抑えるクライアントがリリースされれば、間違いなく人気を集めるはずです。

(Visited 808 times, 1 visits today)