CMS Awards 2008 - 最終結果 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

CMS Awards 2008 – 最終結果

  • 2008/11/04
  • カテゴリー:CMS

先週末、PACKTから「CMS Awards 2008」が発表されました。CMS Awardsは4部門から構成されており、結果は以下の通りです。総合第1位に輝いたDrupalは、オープンソースPHPと2冠を達成しており、今年大注目のCMSと言えます。

・ 総合部門 – Drupal
・ 今後の最注目CMS部門 – SilverStripe
・ PHP部門 – Drupal
・ その他(PHP以外)部門 – Plone

Drupalは、過去12ヶ月間に150万ダウンロードを記録しており、ワーナーブラザーズミュージック, MTV UK, Yahoo!(社内サイト)にも使用されていることから大規模な運用にも適用できることが立証されています。

一方、今回のCMS Awards 2008で最後の最後までDrupalと熾烈な争いを繰り広げた2位のJoomla!と3位のDotNetNukeは、共に審査員からDrupalに勝るとも劣らない賞賛を受けました。

オープンソースCMSは、年々その活気を増しており、素晴らしいプロジェクトが世界中で刻々と産声を上げています。日本語化への対応も迅速で利用者の立場からすれば喜ばしい限りです。今後もCMSを活用したウェブサイトの立ち上げや新たな活用が期待されます。

(Visited 16 times, 1 visits today)