WordPressの大躍進 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

WordPressの大躍進

  • 2008/08/18
  • カテゴリー:CMS

ブログまたCMSとして世界的に注目を集めている「WordPress」ですが、WordPressには、アメブロなどと同様に無料ブログサービスを展開する「.com」と各自がソースコードをダウンロードし、インストールする「.org」の二つの側面があります。そして、この度、この一年間の大躍進とも言える実績が報告されました。

■ WordPress.com
① 月間ページビュー:65億
② 月間ユニーク訪問者数:9,780万
③ ブログ数:200万
④ 投稿記事数:3500万
※ 競合のSix Apartが提供する「TypePad.com」の月間ユニーク訪問者数は1,680万

WordPress.com vs Typepad.com

■ WordPress.org
① サイト数:260万
② ダウンロード数:1,100万

後者の「WordPress.org」の数字は個人や法人がWordPressを使用して独自にブログやCMSとしてウェブサイトを立ち上げた数であり、その支持の高さがうかがえます。

今後もWordPressは利用者への利便性向上に努め、2009年の目標としてアップグレード機能の向上に着目していくとのことです。現在のバージョン(2.6.1)の段階では標準機能としてアップグレードは備わっておらず、プラグインとして「Wordpress Automatic upgrade」が存在しますが、日本語環境ではトラブルも目立ちます。また、Firefoxのようにアップグレードに伴うプラグインの互換性チェックは存在しないため、将来的にはこの対応も盛り込んでいくようです。

そして、最大の問題がセキュリティの改善です。脆弱性が目立ち、大量のハッキングが起きたことから「2008 Pwnie for Mass 0wnage」という不名誉な受賞をしてしまいました。

しかし、観点を変えればセキュリティ面の向上によりオープンソースとしては、世界最大級のブログ・CMSとしてその地位を確かなものにできるはずです。

(Visited 10 times, 1 visits today)