スパムメール防止 - CAPTCHA | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

スパムメール防止 – CAPTCHA

会社としてホームページを持つことは今や当たり前の感覚すらありますが、そこで問題のひとつとして挙げられるのがスパムメールです。企業のお問い合わせであるにも関わらず、無作為な営業メールや公序良俗に反するようなメールが送られてきます。

お問い合わせを担当されている方は、その対応に憤りすら感じているのではないでしょうか。スパムメールと間違えて、本物のお問い合わせメールを削除してしまうことも考えられます。こういったスパムメールへの対応はいくつかあるのですが、その中でも代表的なものが「」です。

その名前をご存じない方でも、実は目にしたことがあるかもしれません。ショッピングサイトやどこかのお問い合わせを利用される際に意味不明な文字列を見たことはないでしょうか。字体はイタリックのように斜めになっていたり、歪んでいたり、たまに読めないものもあります。

何故、このようなものがスパムメールに対して有効かというと、通常、スパムメールはインターネット上で公開されているお問い合わせなどを探し出し、そこにメールを送るというプログラムになっています。しかし、「CAPTCHA」は画像データであるため、そこに現れた文字(認証コード)を読むには目視する必要があり、プログラムでランダムな値を入力することはできないからです。

しかし、このCAPTCHAにすら対応できるスパムメールの仕組みも世の中には出回りだしているため、CAPTCHA単体では対応しきれなくなりつつもあります。結果的にスパムメールをゼロにすることは難しいかもしれませんが、ネットワークなどの他の技術を併用して、その数をゼロに近付けることは可能です。

現在、スパムメールに頭を悩まされている方がいらっしゃいましたら、CAPTCHAを含めた対応をお試しください。

KEYWORD