マーケティング | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

マーケティング

Twitterのビジネスユースの意義を考える

  • Twitter
  • Twitterが日本でもメジャーになり、マーケティングツールとして利用する企業が増える中、ビジネスにおける利用の意義を改めて考えてみたいと思います。この記事を書くにあたりインスパイアされたのがasahi.comの記事なのですが、この内容が現在のTwitterのすべてを語っているような気がします。

マーケットシェア – 不動産サイト 2009

  • NO IMAGE
  • 上図は、2009年の国内において知名度の高い不動産サイトのアクセス数(ユニークユーザ)を比較したものです。老舗サイトから公開して間もないサイトまで以下の5サイトを取り上げさせていただきました。不動産業界はクロスメディアを多様するため、消費者からの認知度も高いのではないでしょうか。

マイクロブログ vs ブログ vs SNS

  • NO IMAGE
  • twitterや先日オープンしたアメーバなうなど、今、ソーシャルメディアにおいて最も注目を集めているのはマイクロブログです。これまでブログやSNSなど次々に新しいソーシャルメディアが誕生してきましたが、マイクロブログはこれらと何が違うのでしょうか。

ウェブサービスの数だけビジネスインテリジェンスが必要

  • NO IMAGE
  • SNS、ネットショッピング、ネットバンク、すべてのウェブサービスでは利用者の行動を常にトラッキングしています。通常のウェブサイトではアクセス解析と呼ばれる手法を用いてトラフィックを中心にコンテンツの改善を図りますが、定型的なデータを定型的な見方ばかりしていては他者との差別化を図ることはできません。

中小企業こそソーシャルメディアを活用しよう!

  • NO IMAGE
  • インターネットが主要通信手段となり、様々なウェブサービスが世の中に産み落とされてきましたが、それをビジネスシーンにおいて活用する動きはまだまだ稀です。一部の大手企業では広報活動の一環として積極的に利用しているようですが、中小企業こそ、これらサービスによる利益を享受してほしいと考えます。

インターネットビジネス起業における注意点

  • NO IMAGE
  • 近年、インターネットを媒体としたビジネスモデルによる起業が著しいことは誰の目にも明らかです。古くは検索サービスやブログ、現在はSNSやクラウドに注目が集まっています。今現在、起業を考えビジネスモデルを模索している方もいるでしょう。その際、成功例を参考にするのも良いですが、失敗例にこそ目を向ける必要があると筆者は考えます。

Twitterのいろいろな使い方 Part2

  • Twitter
  • アメリカに一足遅れ、日本でもTwitterブームがやってきています。有名人が利用したり、企業がPRを兼ねて利用する。利用者が思い思いの活用術を考え、コミュニケーションツールとして進化しています。最近、個人的に目に付いた活用術について記述したいと思います。

オープンソースのマーケティング戦略

  • オープンソース
  • 昨日のMozilla Party JP 10の記事でも触れましたが、今やオープンソースのマーケットシェアは世界的に無視できない存在であり、更なる成長を見せています。各プロジェクトを運営するメンバーは社会にとってより良いもの、そして自分たちが納得できるものを開発し、世の中に広めようとしています。

アメリカ大統領選を支えたインターネット戦略

  • NO IMAGE
  • 昨日(11/5)はアメリカにとって歴史歴な一日となりました。前評判通りバラック・オバマ氏がアフリカ系アメリカ人としては初の大統領(第44代)に就任し、アメリカ国内外から注目を集めました。評論家はオバマ氏の勝因を様々な角度から分析しているようですが、その中の一つに潤沢な選挙資金を挙げています。

全国各地の大学で電子マネー導入相次ぐ

  • NO IMAGE
  • 最近、全国各地の大学で積極的に電子マネーやICカードの導入が相次いているようです。目的は様々で、学内生協での購入頻度を向上させ、会計時の煩わしさを解消したり、購買履歴を管理し、棚割に反映させるなど、学生を主体としたビジネスチャンスの開拓や地域活性化を目指しているようです。

 Prev 1 2