Apple | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Apple

iPadをビジネスで携帯する

  • NO IMAGE
  • 最近では、営業が出先でおもむろにPCを取り出す場面をよく目にします。商談やプレゼンテーションの際にはPCのデータを見ながら話すことも多いでしょう。しかし、PCでは正直、機能面で過不足があります。実際には表計算、文書作成、プレゼンテーションが中心です。そういった用途であれば、iPadはどうでしょう?

Appleの活発な動きに注目!

  • NO IMAGE
  • 2010年に入り、Appleの動きが目立ちます。iPadの市場投下が最たるものですが、オフィシャルサイトを見るとiPhoneの新バージョン「iPhone 4」のリリースが発表されています。6月24日の発売に向け、15日より先行予約が開始されます。また、ウェブブラウザ「Safari 5」のリリースなどメジャーバージョンアップが目白押しです。

iPadの買い時はいつ?

  • NO IMAGE
  • iPadは米国ですでに45万台を売り上げているようです。日本でも販売開始が待ち遠しいという方はかなりいるのではないでしょうか。しかし、iPad初号機を購入することに慎重な姿勢を見せている消費者も数多くいます。それではより良い買い時とはいつなのか、筆者の私見を述べさせていただきます。

ホームページでのFLASHの使用には要注意

  • NO IMAGE
  • 「ホームページにはFLASHを付けたい!」と多くのユーザが要望します。確かにFLASHはデザイン性が高く、見る人に良い印象を与えるひとつのきっかけになります。SEOの観点から一時敬遠されたこともありましたが、最近では検索エンジンとの相性も改善されつつあります。しかし、それでも注意しなければならないことがあります。

iPadの販売が近付き、Kindleの動向は?

  • NO IMAGE
  • iPadが米国で販売初日に約30万台を売り上げ、日本でも今月末発売予定とされる中、消費者からは大きな期待の声が聞かれます。iPadにはiBookという電子書籍アプリがあり、こちらも注目を集めています。そんな中、先行して販売されたアマゾンの「Kindle」はどういった行動を取るのか注目されます。

米国で「iPad」販売開始!市場予測と機能検証相次ぐ

  • NO IMAGE
  • 2010年4月3日、世界に先駆け米国にてアップル社の最新デバイス「iPad」が販売されました。ニューヨークでは730人の行列ができたようで、iPodやiPhone以上の盛況ぶりを見せました。販売前から何かと話題になっていたiPadにアーリーアダプターが飛び付き、様々なレビューが書き込まれています。

タブレットPCが主流になる日が来る

  • NO IMAGE
  • 先日、「アップル – 話題の新デバイス「iPad」の位置付け」という記事を書かせていただきました。その中で筆者は「年末にかけて、今度はChrome OSを搭載したネットブックが販売される予定になっています。そうなるとこちらはiPadと比較されるでしょう。」と書かせていただきましたが、その可能性がさらに強まっています。

アップル – 話題の新デバイス「iPad」の位置付け

  • NO IMAGE
  • アップルの新デバイス「iPad」が各種メディアで取り上げられています。しかし、昨今の電子機器は複雑化し、消費者は流行を追いかけることに精一杯で、それぞれの位置付けが整理できていない気がします。まず「iPad」を知るためにはアップルのCEOであるスティーブ・ジョブスの話し(上動画)に耳を傾ける必要があります。

iPhone – 災害時に使える無料アプリ

  • iPhone
  • 昨日から二日間に渡り、早朝に大規模な地震が日本全国で発生しています。大きな被害も出ており、いつ何が起こるか分からない状況と言えるかもしれません。地震も含め、災害時の備えが重要視されているのではないでしょうか。今回は、災害時に使えるかもしれないiPhoneアプリを幾つかご紹介します。

Appleはウェブデザインの牽引者?

  • NO IMAGE
  • Appleといえば、iPod、iPhone、Mac、一時の衰退はどこへやら。iPodを皮切りにデジタルメディアの代名詞とも言える地位を確立し、その後、MacbookやiPhoneは世界的なブームを巻き起こしました。シンプルでスタイリッシュなデザインが受け入れられ、アクセサリーに近い感覚で人々は持ち歩いています。

iPhoneの評価

  • NO IMAGE
  • 7月11日にソフトバンクより「iPhone 3G」が販売され1ヶ月以上が経過しましたが、販売当初の人気に比べ、若干勢いが落ちてきている気がします。東京表参道店では、iPhone専門店を設け、様々なアクセサリーを取り扱うなど、規模を拡大しているようですが、消費者の評価がどうなのか気になるところです。

パソコン市場の変化徐々に

  • NO IMAGE
  • Windowsを批判するわけではないですが、正直、Vistaの使い勝手はそれほど良くなく、どこか抵抗を覚えていました。本日のCNET Japanの記事の中で「Macのシェア、急速に拡大中–Vistaは振るわず」という2008年6月時点でのパソコン市場のシェアについて調査結果が出ていたのですが、世界規模で見た場合、以下のような状況だそうです。

タッチパネル式携帯続々

  • NO IMAGE
  • アップル「iPhone」の発売まで1ヶ月を切りましたが、他社もこれに対抗しようとタッチパネル式携帯の販売に乗り出しているようです。韓国のサムソンは「OMNIA(オムニア)」という携帯端末を日本仕様に開発中。ドコモからはプラダとのコラボレーション携帯「PRADA Phone by LG」や「FOMA D800iDS」などが既に販売されています。

アップルの快進撃

  • NO IMAGE
  • 「iPhone 3G」については毎日のようにメディアが取り上げ、7/11(金)のsoftbankからの発売を心待ちにしている人も多いと思います。アメリカでは1年程前に先行販売され、ニューヨークの販売店の前に長蛇の列ができたいたことは記憶に新しいでしょう。

タッチパネル

  • NO IMAGE
  • 銀行のATMや駅の券売機で見かけるタッチパネル。最近では様々な電化製品の中にも見かけます。タッチパネル機能付きの電化製品としてまず思い浮かぶのはアップルから販売されているメディアプレイヤー「iPod Touch」ではないでしょうか。画面に指先で触れ、好きな曲を選択し、再生する。

Microsoft Windows 離れは進むのか?

  • NO IMAGE
  • Windows Vistaが市場に出回り出してからだいぶ時間が経ちますが、いまいち普及しているようには見受けられません。パソコンの操作に精通した方は別として、もともと苦手意識のあった方からするとせっかく慣れてきた頃に表示や操作が大幅に変わったことに抵抗感を覚えてしまうのかもしれません。

アップルの勢力拡大 – Safari

  • NO IMAGE
  • 昨日(3月18日)よりiPodで急激に売り上げを伸ばしているアップルよりインターネットブラウザ「Safari 3.1」がリリースされました。ウィンドウズ利用者には馴染みがありませんが、アップルの端末ではこのSafariが標準ブラウザとして存在してきました。

 Prev 1 2