グーグルブックマーク共用方法 - Firefox(GMarks) | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

グーグルブックマーク共用方法 – Firefox(GMarks)

昨日の記事に続き、グーグルブックマークを母体として各種ブラウザで共用する方法を解説させていただきます。今回は、Firefoxを対象とし、既存のブックマークをグーグルブックマークに読み込ませ(インポート)、Firefoxでその内容を使用します。

グーグルアカウントの取得

グーグルブックマークを使用するには、初めにグーグルアカウントを取得する必要があります。取得が完了したらグーグルブックマークにアクセスしてみてください。ログイン後、ブックマークの画面が表示されます。

GMarksのインストール

Firefoxでグーグルブックマークを使用するための拡張機能(アドオン)は幾つかありますが、オススメはGMarksです。本記事に目を通されていらっしゃる方は、Firefoxおよび拡張機能のインストール方法をご存じだと思いますので、ここでは割愛させていただきます。

GMarksの設定

インストール後にGMarksの設定(オプション)画面を開き、以下の設定を行います。

① 一般
並び替える」は「タイトル(アルファベット順)」を選択し、アカウント設定にグーグルアカウントへのログインID(メールアドレス)パスワードを入力します。「自動サインイン」にもチェックを入れてください。そして、「ラベルセパレーター」には「:(コロン)」を入力します。

GMarksの設定(一般)

3つ目のラベルセパレーターが特に重要です。後程、Firefoxのブックマークをグーグルブックマークに読み込ませますが、フォルダの階層は「:(コロン)」で認識されます。(例 「ウェブブラウザ::GMarks」)

② 表示
こちらはユーザの嗜好次第なので、設定は任意ですが、筆者の場合、「サイドバー」のチェックはすべて外し、「ツールバー」は未入力、「メニュー」および「その他」はすべてチェックを入れています。

GMarksの設定(表示)

③ その他
こちらでは特に設定を変更する必要はありません。任意で行ってください。

GMarksの設定(その他)

ローカルブックマークのインポート

Firefoxのローカルブックマークをグーグルブックマークに読み込ませます。「GMarksの設定」を行う事で、下図にあるメニュー「」は、ローカルブックマークからグーグルブックマークに切り替わります。そのため、ブックマークが空で表示されますが、ローカルブックマークのデータが削除されたわけではないので、ご安心ください。

ローカルブックマークのインポート

[ブックマーク] – [ブックマークの管理] を押下し、GMarksの管理(次図)を表示します。[ファイル] – [インポート] を押下すると、「firefoxのブックマークをインポートしますか?」というメッセージが表示されるので、「OK」を押下します。これでインポートは完了ですので、GMarksの管理を閉じてください。

ローカルブックマークのインポート

ブックマークの確認

再度、メニュー「ブックマーク」をクリックすると、インポートしたブックマークが表示されるはずです。もし、表示されない場合は、[ブックマーク] – [更新] をクリックしてください。

ブックマークの追加

ブックマークを追加する場合は、対象となるページを開いた状態で、メニュー [ブックマーク] – [ブックマークの追加/編集] を押下します。通常のブックマークの追加では、フォルダを指定しますが、GMarksではラベルを入力します。階層がある場合は、ラベルセパレーター「:」を使用してください。(例 「ウェブブラウザ:Firefox:GMarks」)

ラベル/ブックマークの削除

ラベルおよびブックマークは、[ブックマーク] – [ブックマークの管理] から右クリックにより削除可能です。ただし、ラベル(フォルダ)を削除しただけではブックマーク自体は削除されないので、ブックマークを削除するようにしてください。

以上がFirefoxでのグーグルブックマークの共用方法になりますが、ローカルブックマークと混同しないようにお気を付け下さい。念の為、ツールバー等にローカルブックマークアイコンを表示している場合は、非表示にしておいた方が良いでしょう。

(Visited 4,749 times, 1 visits today)