先生向けグーグル活用術 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

先生向けグーグル活用術

先生向けグーグル活用術

2011年2月1日、グーグルがこれまでの「Google for Educators」をリニューアルし、「先生向けグーグル活用術」を公開しました。その名の通り、グーグルの既存のサービスを利用して、いかに教育現場で役立てるかをまとめたHOWTOが盛り込まれています。現代の小中学生にとっては魅力的な教材かもしれません。

やはり最もインパクトがあるのは、グーグルマップやグーグルアースを利用した分布図や地理探索でしょうか。最近では学校に一人一台のパソコンが利用可能なPCルームもあると聞いています。先生が課題を与え、生徒がそれを調べる。自発的な行動が促進されるのであれば、これ以上の教育はないと素人目には感じます。

筆者が生徒だった頃を思い返すと、決して真面目に授業に取り組んでいたとは言えませんが、手を動かしたり、少し遊びの要素が入った授業は楽しかった記憶があります。

自発性や探究心を育てるツールの一部として「先生向けグーグル活用術」が役立てば、これほど素晴らしいことはありません。