企業のWindows離れは進むのか? | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

企業のWindows離れは進むのか?

中国からの攻撃もあり、グーグルがセキュリティを考慮し、社内の標準OSとしてWindowsの使用を禁止していることは有名ですが、これまではデスクトップが中心で、ラップトップには一部認められていました。それが今年1月から原則全て禁止となり、例外的な搭載についてはCIOの承認が必要との方針を打ち出されました。

Windowsは外部からのアタックやウィルス感染の危険性がMacやLinuxなどの他のOSに比べ高く、CSR・コンプライアンスを実現する上では、グーグルの選択は正しいとも言えます。

昨今、企業のコンプライアンスへの取り組みを考えると、他の企業も同様の方針を打ち出す可能性もあります。

しかし、現状では限りなく難しい選択肢と言えるでしょう。多くの企業がWindowsの操作に慣れ、それ以外のOSが存在することすら認識していません。MacやLinuxも優れたGUIを持っていますが、Windowsとはコンセプトそのものが異なります。また、独自に開発した業務アプリケーションがWindows以外の環境では動作しないこともあるでしょう。

そういった現状を踏まえるとグーグルのような先進的な行動が他の企業(特に日本)で起こり得るとは考え辛いのが正直なところです。

それでも自治体や教育機関では、Linuxを全面導入するところがあり、長い時間を掛けて企業にその流れが波及して行けば、OS市場はもちろん、仕事の在り方自体が変化していくでしょう。