話題のグーグル「Chrome OS」プレビュー | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

話題のグーグル「Chrome OS」プレビュー

Chrome OS

先日、グーグルが新OS「Chrome OS」のソースコードを公開したことが話題になりましたが、早速、インストールしてインタフェースを確認させていただきました。まだオフィシャルリリースではないので、今後、更なる改善が施されるのでしょうが、従来のOSとはまったくコンセプトが異なる印象を受けました。

インタフェース

現在、ウェブブラウザ「」をご利用の方は多いと思いますが、ほぼそのままのイメージです。画面上部にタブがあり、アプリケーションを開く度にタブが追加されていきます。現状ではGMAILとグーグルカレンダーは自動起動しており、新規タブと併せて4つのタブが上がった状態で表示されます。

メニュー

左端のタブがメインメニューになり、現状ではグーグルアプリを中心にウェブサービスが中心になっています。その他のアプリケーションを追加する場合、Linuxのようにソースコードをコンパイルするのかどうかはわかりませんが、これまでのグーグルのコンセプトや利便性を考えるともっと簡易なインストーラーが用意されることが想定されます。

各アプリケーション起動後は、ウェブサービスを利用するのとまったく同じ操作になり、ブラウザがそのままOSになったと受け止めて良いでしょう。課題があるとすればウェブアプリケーションの充実と安定性です。

アプリケーションは電子端末の生命線であり、Chrome OSも例外ではありません。スタンドアローンアプリケーションが依然として多い中、オフィシャルリリース後、どのようにマーケティングを展開していくのか、また、従来のOSとはことなるコンセプトを以下にして利用者に広めていくか、テクノロジー以外でのグーグルの手腕も問われると思います。

参考サイト