Microsoft Windows 離れは進むのか? | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Microsoft Windows 離れは進むのか?

Vistaが市場に出回り出してからだいぶ時間が経ちますが、いまいち普及しているようには見受けられません。パソコンの操作に精通した方は別として、もともと苦手意識のあった方からするとせっかく慣れてきた頃に表示や操作が大幅に変わったことに抵抗感を覚えてしまうのかもしれません。また、これまで使用していた一部のソフトウェアは互換性の問題から動作しなくなり、仕事上、支障をきたす可能性まで出てきました。

市場の90%以上を占めていたウィンドウズも徐々に目減りしているような気がします。そして、ここぞとばかりに息を吹き返してきているのがアップルのMacです。最新のOSは「Leopard(レパード)」と呼ばれ、これまでは、一般的にはデザイン系の業務処理に向いていると言われ続けてきましたが、・オフィスへの対応やその他主要ソフトウェアとの相性もいいことから、もはやウィンドウズと同じ位置付けといっても良いかもしれません。

余談になりますが、個人的に感心しているのは「タイムマシン」と呼ばれる機能で、設定を行うと定期的にパソコンの中身をバックアップし、変更履歴管理をしてくれます。仕事で誤ってファイルを削除してしまい、後日、あるはずの場所(フォルダ)にファイルがなかったという経験を何度かしたことがありますが、タイムマシンでは、時間を遡り、そのフォルダ内に該当ファイルが存在した時を教え、復元させることができるのです。

また、デスクトップOS市場の構造に影響を与えているのはMacだけではありません。これまではサーバ系OSとか、システム管理者向けと言われていたLinuxも注目を浴びています。Windowsと比べるとまだまだ操作性は複雑ですが、以前より格段にグラフィカルな操作が可能となり、何といっても無料で高機能な製品が多いというのは魅力的です。Linux対応のソフトウェアがウィンドウズやマックと同じように出てくれば両者を凌ぐ存在になるかもしれません。LinuxでデスクトップOSとして評判が高いのは「」ですが、個人的には「」もお気に入りです。

最近では無料ソフトウェア()でも信じられないほど優秀なものもあり、今後の市場変化に期待を持っています。