Window 7 発売明日に迫る! | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Window 7 発売明日に迫る!

Windows 7

1年以上前から様々なメディアに取り上げられてきたマイクロソフトの新OS「Windows 7」の発売がいよいよ明日に迫りました。 Vistaを知らない方には、その違いが分からないでしょうが、簡単に言えば、より早く、より直感的に使用できるようになったとされています。

魅力的な新機能

XPユーザからすると、グラフィックや操作性の向上に驚かれる方もいらっしゃるでしょう。特にタッチパネル(Windows Touch)は対応モニターを必要としますが、非常に魅力的な機能のひとつです。カーナビやiPhoneを連想していただければ分かりやすいと思いますが、指先で画面に触れるだけで多くの操作が可能となります。

テレビチューナーの付いたパソコンであれば、ハードディスクに録画した番組を指先操作で再生することが出来ます。音楽や写真についても同様に操作でき、パソコンはマルチメディアプレイヤーへと変貌します。

注意が必要!

しかし、一般利用者にとっては良いことばかりではありません。Windows 2000からXPへ変わった際にデザインや操作の若干の違いに戸惑った方もいたかもしれませんが、Windows XPからWindows 7への乗り換えにはそれ以上の相違点があります。つまり慣れるまでに多少時間がかかるということです。そして、ソフトウェアの中には正常稼働しないものが出てくる可能性があります。

ソフトウェアは、通常、推奨環境や稼働保証の記述をパッケージに付しており、発売されたばかりのOSはその中には含まれていません。ハードウェアと共にソフトウェアあってのパソコンです。買い替えやOSバージョンアップを検討しているのであれば、ご愛用のソフトウェアの稼働確認を事前に行うことをお勧めします。