Windows 7 出荷への最終段階へ | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Windows 7 出荷への最終段階へ

本日、マイクロソフトより次期OS「 7」に関するパブリックコメントが発表されました。一般発売は10月22日とし、開発工程は完了、製造段階へ移行し、PCメーカーでも搭載の準備に入ったとしています。以下がパブリックコメントの抜粋になります。

オペレーティング システムの次期バージョンである、Windows 7 製品版の発売が迫ってまいりました。Windows 7 の開発工程が完了し、開発フェーズにおいて最後の大きなマイルストーンとなる製造段階へと移行したことをお知らせいたします。現在、10月22日のWindows 7 一般向け発売日に向けて、Windows 7 のパッケージ製品とコンピュータ製造元での新しい PC への搭載の準備を進めております。

これまでマイクロソフトでは一般からテスターを募集し、そこからのフィードバックを受け、今回の開発工程完了を発表しています。筆者も含め、Windows 7 RCを試された方は多いのではないでしょうか。

Windows 7 製品版は、Windows 7 製品候補版 (Release Candidate、以下 RC 版) をご利用いただいています皆様から寄せられたフィードバックを反映した結果、信頼性、互換性、管理容易性が向上しました。皆様の多大なご協力に感謝いたします。

正直、Windows Vistaは市場では不発に終わり、XPからの完全切替には至りませんでしたが、Windows 7はマイクロソフトが満を持してリリースするOSです。年末年始にかけてどれだけOS市場に変化が表れるか動向を見守りたいと思います。