OpenOffice.org BaseでPostgreSQLを編集する方法 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

OpenOffice.org BaseでPostgreSQLを編集する方法

①  Driverのダウンロード

最新版のaipo(バージョン4)では、PostgreSQL 8.1を使用していますので、これに対応したJDBCドライバを任意のフォルダ(例:C:Program FilesJDBC)にダウンロードしてください。

PostgreSQL JDBC Driver : http://jdbc.postgresql.org/download.html
※ aipoの場合は「8.1 Build 413 JDBC 3」をお勧めします。

② JDBCドライバのクラスパス設定

「スタート > プログラム > 3.1(バージョンはご利用環境により異なります) > 」を立上げ、メニュー「ツール > オプション」を開いてください。「 > Java」を選択し、右横にある「クラスパス」ボタンをクリックします。

JDBCドライバのクラスパス追加

下図の次画面で「アーカイブを追加」ボタンをクリックし、①で保存したJDBCドライバのパスを指定します。一覧に追加されたら「OK」をクリックして、一度、OpenOffice.orgを再起動してください。

アーカイブを追加

③ OpenOffice.org データベースウィザード

Baseを立ち上げるとウィザードが表示されるので、下図の最初の画面で「既存のデータベースに接続」にチェックを入れ、JDBCを選択したら「次へ」をクリックしてください。

OpenOffice.org データベースウィザード