LibreOffice 3.5 リリース!新機能が充実 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

LibreOffice 3.5 リリース!新機能が充実

LibreOffice

2012年2月14日、オープンソースオフィススイート(無料) 3.5がリリースされました。多くの新機能が加わり、さらに完成度が増しています。詳細はオフィシャルブログに公開されていますが、その中から幾つかご紹介させていただきます。

オンラインアップデートチェック

プログラムの更新

これまでLibreOfficeのアップデートは、都度、オフィシャルページよりプログラムをダウンロードする必要がありましたが、本機能によりアップデートの有無とインストールを簡単に行うことができるようになりました。

(文書作成)

ヘッダー、フッター、改ページのUI変更

ヘッダー、フッター、改ページのUIが変更されました。

文字カウント

文字数をカウントできるようになりました。

(表計算)

数式バーの複数行対応

これまでセル内改行した際に数式バーには1行しか表示されませんでしたが、本バージョンより複数行表示する事が可能になりました。

(データベース)

PostgreSQLのサポート

ネイティブドライバとしてPostgreSQLが追加されました。

※ その他の新機能やバグ修正については、「3.5 Features」をご覧下さい。

  • しっかり学べる!OpenOffice.org&LibreOffice 初めての人も!使っている人も!これ1冊でOK!しっかり学べる!OpenOffice.org&LibreOffice 初めての人も!使っている人も!これ1冊でOK!
  • 本日の一冊

    本書では、LibreOfficeによるポイントを押さえたビジネス文書の作り方、表計算の基本関数やデータ抽出・集計方法、グラフやスライドの作成 など、基本から実務でも通用する操作習得が可能です。大学授業の半期(15回)でご使用いただけるテキスト構成になっていますが、 個人の自習用として、また企業研修などでも幅広くご使用いただけます。