OpenOffice.org - Calc の小技 Part1 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

OpenOffice.org – Calc の小技 Part1

OpenOffice.orgの知名度も上がってきましたね。企業や自治体が組織全体で導入を行うなどオープンソースへの取り組みが本格化しています。しかし、いかにOpenOffice.orgがマイクロソフトオフィス(以下:MSO)に類似していたとしても、多少の操作性の違いはあります。初めて使用する方は正直戸惑うこともあるでしょう。今回はそんな方のためにOpenOffice.org Calcの小技をご紹介します。どれもMSOで使用したことのある機能だと思いますが、参考にしてください。

文字間隔の調整

資料によっては、ひとつのセル内に入力した文字の間隔を広げたい(狭めたい)ということがあると思います。この場合は以下の手順を試してください。

文字をハイライトし、右クリックから「文字」を選択

この時、気を付けなければならないのは、セルではなく、入力した文字をハイライトするということです。

文字をハイライト

文字間隔の設定

ポップアップ表示された設定画面で「文字間隔」を「広くする(狭くする)」を選び、間隔値を指定します。

文字間隔の指定

書式のコピー

各種フォーマットを作成しているとひとつのセルに適用した書式を別のセルに使用したいということが多々あります。背景色やフォントサイズ・色などセルごとに設定していては大変な作業です。コピー&ペーストでは文字ごとコピーしてしまうので、それでは元のデータが消えてしまいます。

書式のコピー

下図のように書式のコピー元となるセルを選択し、赤枠内のブラシマークをクリックします。

書式のコピー

書式の貼り付け

カーソルが従来の矢印から「瓶から液体をこぼすような形」に変わりますので、その状態で書式を適用したいセルをクリックします。

以上が簡単ではありますが、今回の小技の内容です。Part2 以降ではもっと実践的な内容を取り上げていきたいと思います。