Thunderbird - ちょっと気の利いた拡張機能 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

Thunderbird – ちょっと気の利いた拡張機能

オープンソースメールソフト「」。以前から本サイトでもご紹介しているように様々な機能が拡張搭載できることでも有名です。「Thunderbird – お気に入りアドオン」でいくつかの拡張機能を取り上げましたが、今回はビジネスシーンでメールのやり取りをする際に重宝する「ちょっと気の利いた拡張機能」をご紹介します。

① Auto ZIP Attachments
添付ファイルを手動または自動で圧縮してくれる拡張機能です。通常のExcelやWordなどのファイルであれば問題ないですが、PowerPointや画像データなどはファイルサイズが大きく、送受信に時間がかかります。会社によっては一定サイズ以上のファイルは受信できない設定になっていることもあるので、圧縮は大切な対応です。

② Confirm-Address
メールを送信する際、宛先を十分に確認せず、間違った相手に送信したことはないでしょうか。送信ボタンを押してから冷や汗を流した経験がある方も少なくないはずです。この拡張機能は送信ボタンを押下した後に再度、送信先の確認をしてくれます。コンプライアンスのためにも有難い機能です。

③ Quicktext
定型文を事前に登録しておくことで簡単に文章を呼び出すことができます。挨拶文などは、その都度、入力するよりも定型文を使用した方が時間の節約につながります。

④ Signature Switch
海外とのやり取りや二つ以上のアカウントを持つ方は署名も二つ以上利用されているはずです。毎回、打ち直してもいいのですが、Quicktext同様、事前登録しておき、ワンクリックで切り替えができれば煩わしさも解消されます。