LibreOfficeの躍進 | Technolog.jp - ICTウェブマガジン

LibreOfficeの躍進

OpenOffice.orgからフォークしたLibreOfficeは、これまで大きな躍進を見せてきました。Ubuntuへの標準搭載、グーグルを筆頭とするビッグネームのスポンサーシップ、迅速なアップデート、企業もLibreOfficeへの取り組みの姿勢を見せ、今後も注目が集まります。

LibreOfficeは、オラクルがサン・マイクロシステムズを買収するのとほぼ同時期にOpenOffice.orgからフォークしました。所管も「The Document Foundation」が努め、OpenOffice.orgとは別働隊として活動しています。

現時点では、両者に操作性・機能性における大きな違いはなく、今後、LibreOfficeでは、機能面以上に企業利用でも安心できるよう、セキュリティ強化を図って行くとしています。

個人利用におけるマイクロソフトオフィスと比較した場合の利点については、以前より本サイトでも取り上げてきましたが、LibreOfficeとOpenOffice.orgの比較になるとライセンス形態以外に大きな違いが見当たりません。どちらが良いかと聞かれると、現状では「お好きな方で」という回答になってしまいます。今後、両者の方向性に違いが出てくる可能性は十分にあるので、それを見極めて選択されるのもよいでしょう。

前述したようにLibreOfficeはアドバイザリーボードにグーグル、レッドハット、SUSEなどのビッグネームを抱えています。これは資金的な安定だけではなく、マーケティングにも良い影響が期待できます。

どんなに無料で、素晴らしいソフトウェアであってもマーケティングなしにマイクロソフトオフィス以上のネームバリューを獲得することはできません。Ubuntuへ標準搭載されたのは大きな変革であったと思いますが、それでもマーケットから見れば新参者。自分でインターネットからパッケージをダウンロードし、インストールすることはまずありません。

その意味でもセキュリティ強化というのは大切な切り口だと思います。マイクロソフトオフィスがそうであったように、ビジネスユースから個人へ波及するというのが一般的な経路であると思います。ODFの標準化と併せて、国内外に広く普及することを切望しています。